ドラゴンネスト・攻略ブログ  ブログランキングに参加しています1日1クリック(´∀`*)

ブラックドラゴンネストハードコア

まずノーマルブラックドラゴンとハードコア(HC)の違いは、

・HPが増えている
・敵の攻撃力が高くなっている
・制限時間が40分(画面下に表示)
・復活不可
・報酬がレジェンド装備(武器、防具、アクセサリー)
・敵のスキルのいくつかの性能が変わっていたり追加されている

レジェンド装備は分解すると逆鱗になり、武器や防具を制作できます。
分解時に出る逆鱗の数は、武器3個、頭胴脚は2個、腕靴は1個です。
強化してしまうと逆鱗が出なくなりますので注意しましょう(究極のタリスマン等が出ます)
武器や防具は封印不可、アクセサリーの封印回数は1回になっています。


このハードコアは、ノーマルブラックドラゴンのアビスを倒せる人が行く上位モードになります。
HPが高くなって、攻撃も痛くなっていますが、
実際やってみるとそれほどの違いは感じないでしょう。

しかし40分という制限時間があるため、
いかに速く倒していくかというのが重要になってきます。

マップの所に出る制限時間表示が消え、HurryUP!になると残りが5分を切った事になります。

ポイントとしては、
・時間短縮するための戦い方
・ある程度の職構成
・死なないように、攻撃を当てにいく事

この辺が重要になってくると思います。
職構成ではプリやLF等の回復やマセ、園児等の防御系バフ、
攻撃に凍結持ちやダンサーのダンス等、
攻撃に防御にと色々考える必要があります。


時間を短縮するために、ステージに入る前に全てのRの打ち合わせ、
報酬の取り決め等話しておきましょう。
入ったらクリアまで休憩時間はありません。



1R:オーガダパ

ほとんどノーマルと一緒です。
ストンプやブレスは即死クラスなのでしっかりと回避しましょう。

この1Rである程度PT火力が計れます。
1回目のバリケードは1ゲージを削った後、2回目はクール制になります。
この2回目までに倒せれば火力は十分です。
ギリギリ2回目のが発動したとしてもギミック後すぐ倒せるならば問題は無いでしょう。
あくまで目安ですが。



2R:結界装置

ノーマルと一緒です。



3R:牛

ここは注意が必要。

まず、斧投げをくらうとバフを消されるようになっています。
1発くらってバフを消された後、連続してくらって即死というパターンがあります。
ノーマルとは違い、かなり恐ろしい攻撃になっています。
しっかり回避しましょう。

ノーマルでも脅威である炎ストンプは、ストンプにバフ消しが追加され、
女性職だと炎だけで死んでしまう場合もある程の威力になっています。
クールを把握し、ノーマルブラックドラゴン以上に注意しましょう。

個人的な意見としては、ここではある程度時間がかかってもいいと思います。
攻撃を把握して死なない事が前提になりますし、
この後のRで十分タイムを縮められる箇所があるからです。

一気に削るタイミングは、2回目のウォーターボム後、
そして3回目のウォーターボム後です。
凍結が入っていれば敵の無敵時間に攻撃が入るので、
そこを利用し一気に削っていきましょう。



4R:パルーサ

ノーマルと一緒ですが、
通常攻撃でもかなりの威力になっているため、
しっかりと攻撃を回避しつつ削る事を意識しましょう。

ランダムターゲットの跳びかかりには要注意。



5R:センタティタニオン

なぎ払いにバフ消しが付いています。
ここがおそらく最大の短縮ポイントだと思います。

開幕から一気に削り、氷壁ギミックをクリア。
そこから削り、ゲージが切れれば次の氷壁ギミック。
こうなるとほとんど氷壁ギミックのみになります。
これが理想型です。



6R:ブラックドラゴンフェザー

1P
雑魚敵の攻撃力が上がり、タゲ役の人もかなり大変になっています。
うまく凍結や鈍足等で助けましょう。

他のメンバーはノーマルと一緒。


2P
ノーマルと同じ感覚でいけますが、
ギミック等よりも引っ掻きの方が脅威かもしれません。
バフ消しが追加されており、下手をすると即死もある程の威力になっています。
4pでは回復デバフが入るため、引っ掻きは要注意の攻撃です。


3P
ここまでのブラックドラゴンHCは、
攻撃力が上がって事故が起きやすくなってはいますが、
基本的にノーマルブラックドラゴンのアビスと同じ感覚で来れます。
大きな変更点はありませんでしたから。

しかしここは大きな変更点があり、
ブラックドラゴンHCの難所とも言える部分になっています。

赤、青、紫の雑魚敵が出てきますが、
赤、青はノーマルと同じです。

紫に攻撃が追加されています。
青の敵と同じく時間経過で全体範囲のスキル封印をしてきます。
これが効果時間も長くかなり厄介です。

つまり赤は放置ですが、青と紫は倒さなければいけません。
スキル封印をくらった後に青を倒せず凍結が来ると、
一気に全滅もありえる恐ろしいコンボになります。

周囲を警戒し青と紫を確実に倒しましょう。

キシトを倒す時は、凍結をかけて一気に倒す方法もあります。
凍結で倒す場合はキシトが出たら即パルーサを倒すため、時間の短縮に繋がります。
この凍結は、一気にゲージを削り盾を使う前に倒してしまうというのと、
盾貫通を見越すという2つの意味があるようです。

盾貫通は、更新型の凍結の場合(アイスビーム、ブリザードストーム、アイシクルインジェクション等)
出来ないことがあるようで、単体での凍結だとできる(グレイシャルウェーブ)という意見もありました。

しかし失敗すると全滅する危険があり、
確実ではないので、最近野良でも普通の方法の方が多いです。
時間は余りますからね。
出発前にどちらの方法か確認しておきましょう。


4P
ほとんどノーマルと一緒ですが、
旋回ブレスに変更点があります。

ノーマルの旋回ブレスは必ず縦軸が始点になるので、10時の方角が安定でした。
HCでは横軸が追加されるので、10時では間に合わない場合があります。
ほとんどのPTで10時と2時に決めていると思います。

この判別方法は、
旋回ブレスの引き寄せの時にマップを見て10時の方向を向いておく、
そのままマップを見て、赤い丸がブラックドラゴンなのですが、
マップに対して縦に移動するか、横に移動するかを見るんです。

縦ならば10時
横ならば2時

これは実際に見てみないとちょっと分からないかもしれません。
一瞬動くだけですからね。

旋回ブレスを克服できれば、もうクリアは目の前でしょう。



ハードコアは復活ができないので、死なない事が前提になってきます。
3P等は数人欠けてしまうと難度が跳ね上がるので、
敵のスキルを把握し、ノーマル以上に注意して回避する事が重要です。

ノーマルブラックドラゴンのアビスでしっかり練習してから挑みましょう。


スポンサーサイト

ブラックドラゴンネスト6R:3p、4p

3p


DN+2014-05-16+18-39-22+Fri_convert_20140516190721.png

円形のステージを時計に見立て、
敵を隔離、順番に倒さなければならない。

しっかりと理解していればそれほど難しくはありません。
誘導する時間の場所は、あくまで目安となります。


まずはメインとなる3匹

・キラム アセント(通称ゼニウス、ガジャル等)
最初に中央に出てきます。
タゲを取る人は攻撃し、12時へ持っていく(一人)
ゼニウスはパルーサ出現後バリアを張り攻撃が効かなくなります。

その後パルーサを倒すまで12時近辺でタゲを持ち待機。

・パルーサ メルカ(通称パルーサ)
2番目に登場。
パラさん等がタゲを持ち、6時へ。
出た瞬間に総攻撃し減らすという方法もありますが、
ギリギリのところまでで倒してはいけません。

倒してしまうとゼニウスが自爆してしまい、全滅する事になります。

・ブグラ キシト(通称キシト、盾)
パルーサが出現してからしばらくして出てきます。
ゼニウス、パルーサ以外の人がタゲを持ち、9時へ(一人)
HPが4分の1くらいになるとシールドを使用。
シールドが切れたのを見て、HPを削っておく。
HPが残り少しになったら合図をだし、キシトは攻撃せずタゲを取っておく。

間違えて倒してしまったとしてもキシトは再び出てくるので、落ち着いて対処しましょう。


この3pでは、
ゼニウスのタゲを取り12時へ~パルーサのタゲを取り6時へ(倒さないように減らす)~
キシトのタゲを取り9時へ~キシトの盾を見て、切れた後少し削り合図を出す(倒さないように)~
パルーサを倒す~ゼニウスが自爆準備に入るので、9時の方向に全員集まりキシトを倒す~
キシトのバリアで自爆攻撃を防ぐ。

ここまでが1連の流れになります。
これを3回繰り返す。

雑魚敵が3種出現しますが、それも各自対処が必要になります。
私は色で覚えていますね。

・赤
攻撃してはいけない雑魚敵。
攻撃してしまうと、HP50%のダメージ+約60秒の回復不可デバフがつきます。
無視しましょう。

・紫
爆弾を投げてきますが、威力は高くないので無視して大丈夫です。
周囲に発狂デバフをかけてきます。
パルーサにかかると厄介なので、タゲを取るときに注意しましょう。

・青
時間が経つと全体凍結の攻撃をしてくるので、
優先して倒さなければならない敵。
ゼニウス、パルーサ、キシトのタゲの人以外は、
主にこの青の対処、パルーサを削るという役割になっています。


3回終わるとブラックドラゴンが降りてきて4pに突入します。




4p


DN+2014-05-02+19-12-23+Fri_convert_20140509192030.png

ブラックドラゴンネスト最終Phaseです。


基本の攻撃は2pと同じですが、
4pでは、突進、悪夢、空間の後ストンプが追加されます。

厳密にはゲージ推移で増えていくのですが、
おそらく宙に浮く攻撃には全てストンプが最後に来ると覚えた方が気持ち的に楽かなと思います。

少しだけ説明

・突進
1~2回の突進の後ストンプ。
分かっていれば回避は大丈夫でしょう。

・悪夢
ストンプと強制攻撃力防御力低下+回復不可デバフが付きます(約40秒)
AD連打で解除し、タイミングを見てジャンプ回避。
問題なのは障壁に当たった場合。
障壁に当たると強制ダウンになり、ストンプの回避はかなり難しい。
一応最速で起き上がり攻撃~トップスピニングでは回避できる事もある(タイミングによる)

対処としては最悪障壁に当たりそうな時は、
当たった瞬間にエリアルで態勢を立て直しましょう。
遅いとダウンになるため、早めに使います。

・空間
風が収まった後使ってくるので、
気を抜かなければ問題ないでしょう。


4pからの追加される攻撃は、

・目
プレイヤーの一人にランダムでターゲットが付きます。
ブラックドラゴンが右腕を地面に突き刺すモーションをしたら目です。
すぐに自分の頭の上にマークが出ているか確認しましょう。

自分がターゲットになったら、
ブラックドラゴンの後ろ足まで下がります。
目のマークが付くと自分に円形の範囲が付き、
その中に他のメンバーが入ると大ダメージを受けてしまいます。
多段で即死もあるので、素早い対応が必要です。

後ろ足付近にいるのですが、この時必ず壁際にいるようにしましょう。
この後出る範囲にブラックドラゴンが入ってしまうとバグる事があるようです。

自分の周りの円形が一度消えたら戻っても大丈夫です。
その位置に設置のダメージゾーンができるので、その後の戦闘でその範囲には入らないように!
主にメテオや混沌ですが、混沌の場合は少し待てば消えてくれるので臨機応変に対処しましょう。

あまり尻尾の方に行ってしまうと、
その後サイドブレスが来ると回避できなくなってしまうので、
位置もある程度調整しておきます。



9、25ゲージからレイズが追加されます。

・レイズグラビティ
ブラックドラゴンの上下左右か斜め4方向にダメージゾーンを設置。
マンティコアネストのと同じ感じです。
範囲に入ってしまうと即死クラスのダメージ。

腕の位置にいると見分けられると思うので、
斜め4箇所の場合は頭や真横に移動しましょう。

このレイズグラビティの時と、自分が目のターゲットじゃない場合が一番攻撃できる瞬間なので、
ここでしっかりと削っておきましょう~



6、25ゲージから最後のスキルが追加されます。

・旋回ブレス(台座、マリオ等)
ここからは混沌が無くなり、旋回ブレスに変わります。
中央への強制吸い込みが発生し10時、2時、4時、8時の4箇所に階段が設置。
必ず全員決まった場所へ集まるようにしましょう。
10時集合が多いと思います。

旋回ブレスの中央吸い込みでは、反転デバフは付きません。
そしてバフ消しも無いためスピリットブースト等がかかっているとかなり危険になります!
使うタイミングには注意しましょう。

全員が階段を登り、上で止まって武器をしまいます(出した状態だと厳しいかも)
咆哮とエフェクトが見えたら目の前の台座に乗る。
時計回りが多いとは思いますが、5R終了時に確認しておきましょう。

最初の台座に乗り、次の台座の方向を向いて、
台座がガタガタしだしたら次の台座へジャンプし移ります。
その後はタイミングよくジャンプして台座を移動していきます。

この台座は人が乗って数秒後に落ちる仕組みになっていて、
先頭が速すぎると後ろの人は落ちてしまうので、全員が周りを見て合わせるというのが重要になります。
もちろん落ちてしまうと即死です。
遅すぎてもブレスに追いつかれ即死になるので、テンポよくジャンプしていきましょう。


コツとしては、なるべく中央に乗る事。
行き過ぎても足りなくても次のジャンプに影響が出てきますから、
ジャンプ直後、後ろキーを押すと若干ジャンプの軌道を調整できるのでそれらを駆使しましょう。

移動速度にもかなり影響されるギミックで、
足が速すぎても遅すぎても調整が難しいため、難度が上がってしまいます。
慣れも必要ですから、何回か行って自分に合った速度を調整してみてください。




4pは悪夢のデバフにより、攻撃力防御力低下+回復不可デバフがほぼ付いた状態なので、
デバフが切れたのを見て回復したり、レイズや目の時の総攻撃等、
状況を見て判断する事がクリアに繋がると思います。

台座に関しては慣れもあるので、プラクティスでしっかり練習しておきましょう。


ブラックドラゴンネスト6R:1p、2p

6R:旧セントヘイブン中央

遂にブラックドラゴン フェザーとの対決です!
ブラックドラゴン戦は4つのphase(フェーズ)で構成されています。



1p


DN+2014-05-02+18-44-16+Fri_convert_20140502194442.png

ステージは円形状になっており、奥にブラックドラゴンがいます。
1pでは誘導側と攻撃側の2手に別れて戦います。


誘導側は、
パラ、エレ(凍結)、マジェ等のタゲを取ったり雑魚敵の足を止める要員です。
ブラックドラゴンの対面辺りでタゲを取ると良いと思います。

計4回雑魚敵が出現し、それをブラックドラゴンが出す直線ブレスに当てて倒すという流れ。
この雑魚敵の出現条件はブラックドラゴンのHPに連動。
誘導側はホールド、凍結、時止め等を駆使して敵をブレスの範囲に抑えつけましょう。

雑魚敵は3回目の氷と4回目のパルーサに注意。
氷は凍結させたり、MP吸収をしてくるのでこの後の戦いに響く事になります(LFがいれば問題無し)
パルーサは無敵貫通攻撃や、火傷状態になる回転攻撃など厄介な技を使ってきます。

直線ブレスは前方一直線に赤い範囲が出現し、
その範囲表示後から約5秒後くらいにブレスを出します。
自分たちもこの範囲上に残っていると即死するので気をつけましょう。


攻撃側は、
誘導側以外の火力職。
ブラックドラゴンの腕辺りで攻撃していきます。

どちらの腕にするかは5R終了時に話しておきましょう。
主に近い方でなんとかなっていますけれど。

削りが速い場合、ブラックドラゴンのHPに連動して雑魚敵を召喚するため、
前の雑魚が残った状態で次の敵が出現すると、前の方が発狂状態になって誘導側が危険になります。

削りはそこそこに誘導側が敵を倒してから、一気に削りましょう。
誘導側が雑魚敵を倒したら合流してくれますからね。


注意する攻撃は、

・ひっかき
攻撃側に発生、範囲も広く威力もそこそこ。
回復がいるならほとんど脅威にはならないのですが、
ある程度タイミングを覚え回避しましょう(今後も使ってくるので)

・吸い込みメテオ
ブラックドラゴンの前に吸い込みが発生し、プレイヤーの位置にメテオが降ってきます。
当たると回復不可+攻撃力防御力低下デバフが付く。
1pのメテオは吸い込まれているとメテオが自分に降らなくなるので、
攻撃側は吸い込みのみ。

誘導側はメテオを回避することになるので、
範囲が足元に出たら回避しましょう。

ブラックドラゴンのタゲが誘導側にあると、メテオばかり使ってしまうので、
攻撃側は持続的に攻撃しタゲを取るとメテオの回数も減り、誘導側がやりやすくなります。


4種の雑魚敵を倒し、16,5ゲージ辺りまで減らすと1pは終了です。




2p


DN+2014-05-02+18-50-01+Fri_convert_20140502194458.png

ここからがいよいよブラックドラゴンの本戦です!
2pの攻撃は主に4pでも使ってくる基本の攻撃になります。

立ち位置は、パラが右手側(プレイヤーから向かって左)
その他が左手側(プレイヤーから向かって右)が多いでしょう。

その他にも、パラ、補助職が右手側、火力職が左手側というのもあり、
5R終了時に確認しておきましょう~


注意する攻撃は、

・サイドブレス
腕から真横に赤い範囲が出現し、くらうと大ダメージです。
注意する点は範囲の広さと、発動の速さです。

尻尾辺りまで行っていると回避が難しいかもしれません。
立ち位置を常に意識しておきましょう。

・吸い込みメテオ
ブラックドラゴンの目の前に竜巻が出現し、
吸い込みながらプレイヤーの位置にメテオを降らせてきます。
1pとの違いは吸い込まれてても降ってくるので、
他のプレイヤーと重ならないように回避する必要があります。

くらうと攻撃力、防御力低下と回復不可デバフがつきます。

主に火力側は後ろ足の方まで行き、吸い込み範囲外での回避。
プリさん等は壁際の方で、吸い込まれながら回避が良いようです。
足の速い火力側の人は腕の前からではなく、腕の真横から攻撃するとサイドブレスもメテオも対処できるので、
少し楽かもしれません。

アクロバットはタイミングが良ければ、
チェーンローリング~スパイラルキック~サークルシュート~トップスピニング~ローリングで
全部抜けられます。

・突進、ストンプ
ブラックドラゴンが飛ぶと、突進かストンプです。
空中に一度停滞するので、
しっかりとブラックドラゴンを見て、
後ろに引くと突進。
上昇するとストンプになります。

突進は直線上なので、向きを見て回避しましょう。
2回連続の時もあります(予備動作は同じ)

ストンプはタイミングよくジャンプで回避。
これはしっかりとタイミングを覚えましょう!
体感ですがイエロードラゴンのストンプよりタイミングは計りやすいと思います。


そしてこの後の3つが厄介な攻撃です。

悪夢、空間、混沌は混沌のみ中央への吸い込みで判別できますが、
悪夢と空間は見分けにくいです。

表示されるアナウンスで判別しましょう。


・悪夢(AD、呪い)
「死と敗北の悪夢が渦巻く!」と出たら悪夢です。
3Rの呪いと同じく、外側へ強制的に走らされるので、
中央へ集まりましょう(バフも消されます)

解除方法等は3Rと一緒。
外側の障壁に当たるとダメージを受けます。

中央へ集まった時に武器をしまうと、
武器を出す~走り出すという流れになり若干解除時間が長くなります。
あと、移動速度に左右されるので、どうしても苦手な時は遅くするのも対策の一つです。

・空間
「空間が歪み始める!」と出たら空間です。
中央への吸い込みか、外側への吹き飛ばしの2択なので、
土煙の方向を見て判断しましょう。
吸い込まれる先に障壁があり、当たるとダメージを受けます。

武器を出していると速度的に回避が難しい場合があります。
その場合は武器をしまうと安定します。

アクロバットは武器出しで、障壁に当たる直前にチェーンローリングで回避できます。

・混沌
「混沌の時間がやってくる!」と出たら混沌です。
全員が強制的に中央へ集められ、ダウン、バフ消し、反転状態になります(キー操作が逆になる)
混沌の発動の時にジャンプをしてエリアルを使うか、
ダウン状態から起き上がり攻撃か移動起き上がりを使って起き上がります。
クリックも反対なので慌てないように。

中央から障壁が徐々に広がっていき、当たるとダメージ+吹き飛ばされますので、
素早く目的の位置まで行かないといけません。

円形のステージなので時計に見立てて、
混沌の時は12時に集まるか、尻尾に集まるか決めておきましょう。

12時に集まる場合は、マップを見て12時の位置に行き、武器をしまって待機。
尻尾に集まる場合は、飛び立つブラックドラゴンを見て尻尾のあった位置に集まり武器をしまって待機。
その後黒い範囲が出たら範囲外まで走る。
時計周りか反時計周りかは事前に要確認。
反転デバフは黒い範囲がでる頃にはもう消えています。

これを繰り返すのですが、他の人と合わせるようにしましょう。
前に出過ぎるとそれだけ黒い範囲が広くなってしまい、後ろの人が死んでしまう場合があります。
武器をしまうのは、そうしないと他の人と歩幅が合わず、
黒い範囲のダメージをくらう事があるからです。

黒い範囲はプレイヤーの位置に出現しずっと残り続けるので、
バラバラな位置になってしまうと進行方向に黒い範囲があって全滅する場合があります。
全員が同じ場所にしっかりと集まるようにしましょう(対角の位置ならお互い回避可能)

最後に黒い範囲ではなく光の円形範囲になります。
それを走って回避し、その後ストンプが来るのでタイミングよくジャンプ回避すれば混沌は終了です。

12時の位置は分かりやすく事故は少ない。
尻尾の位置は誰かがマクロ等を押し、誘導すれば分かりやすいですね。
混沌終了時の位置が腕のところになるので、
慣れるとこちらの方が良いでしょう~


11、25ゲージまで減らすと2pは終了になります。


ブラックドラゴンネスト5R

5R:旧セントヘイブン西側

ボスはセンタ ティタニオン(通称ゴーレム)


DN+2014-03-20+18-31-20+Thu_convert_20140401164836.png

イエロードラゴンネストのサンドガイアスと似たステージです。

このステージは制限時間のようなものがあり、
しっかり回避しつつ攻撃を意識していく必要があります。
ギミック的に左右どちらかの端で全員固まって戦うのが基本になります。


注意する攻撃は、

・破滅の球
吹き飛ばし+バフ消し後、ステージ中央に球体が出現。
ゆっくり移動する球がゴーレムに届くまでに誰かが当たりにいく(ダメージ0、打ち上げダウン)
ゴーレムに届いてしまうと全体に下記のデバフがつきます。

破滅の球はくらってもダメージ0ですが、
同じ人がもう1回当たってしまうと即死になるデバフがつきます。

つまり誰も死なずに突破するためには8回までしか防ぐ事はできません。
9回目以降は一人づつ死ぬことに。
(以前はディヴァインアバターやハイドレイクで対処できましたが、現在は無効になりました)

破滅の球の回数は、主に吹き飛ばし後なのでこれをカウントすれば自分の番も把握できるはずです。


当たりにいく順番はPT順で

8● ●1
7● ●2
6● ●3
5● ●4

デバフが付いた人が落ちてしまうと、
なぜか8番の人についてしまうようなので、この順番のPTが多いみたいです。
(PTにより異なります要確認)

球体に当たりに行く時、他の人は近くに行かないようにしましょう。
球体の爆発には範囲があり近いとその人にもデバフが付いてしまうからです。

また、破滅の球に当たると打ち上げ後ダウンの状態になりますが、
ここでストンプ系の攻撃がくると回避できない場合があります。
当たりに行く人は吹き飛ばしの時にエリアルを使ってしまわないよう注意しましょう~

・吸い込み竜巻
ステージ中央に竜巻を作り吸い込みます。
このステージでは基本どちらかの端で戦うので回避はしやすいでしょう。

・アイシクルインジェクション
ターゲットめがけて氷塊を投げ、着弾するとそこから4方向に凍結の球を発射。
凍結すると次の攻撃を回避できないので、しっかり回避しましょう。
キュアで解除可能。
氷塊自体も結構痛いので注意。

・氷レーザー
くらうとダメージ+鈍足状態に。
見た目よりも範囲が広いです。
キュアで解除可能。

・両手ストンプ
注意しなければいけない攻撃の一つ。
モーションからの発動が速く、威力も高い。
くらってしまうと20秒間、回復不可、攻撃力防御力低下デバフが付きます。
両手を上げると両手ストンプですが、竜巻のモーションも似ているので注意。

時間制限のステージでの攻撃低下は厳しいので注意しましょう。


1ゲージ削ると、攻撃が追加されます。

・氷壁
ゲージ毎の全体攻撃。
ゴーレムが両手の拳をぶつけると、
PTメンバー全員がステージの端に強制的に飛ばされ凍結状態になります。
ADキーで凍結を解除した後、
ゴーレムの氷レーザーが届くまでに氷の壁を破壊し反対端まで逃げましょう。

氷の壁は手前、中央、外側の3枚が2列になっています。
ゴーレムから発射されるレーザーは外側にいくほどくらうまで時間がかせげるので、
外側外側や外側中央等、どの位置を壊すのか4R後に打ち合わせをしておきます。

・3連ストンプ
両手を前で組むと3連ストンプ、最も注意しなければいけない攻撃。
両手ストンプと同じく、くらうと回復不可+攻撃防御低下デバフ。
威力がかなり高い。

回避のコツはタイミングを見て、移動キー+ジャンプする事。
垂直ジャンプの場合着地硬直があるので連続ジャンプがしにくくなってます。

両手ストンプと3連ストンプはクールが別々の為、
3連ストンプ~両手ストンプというコンボもあり、直撃すると即死クラスの威力です。

このステージでは2種のストンプをしっかり回避しつつ、
積極的に攻撃していく事が攻略のポイントになっています。


2ゲージから更に追加されます。

・発狂
攻撃力が大幅に上昇、氷レーザーですら即死クラスの攻撃に。
マセやデミのバフ消しで対処しましょう。

・氷メテオ
「センタティタニオンが冷気を集める!」のアナウンスが出た後、
プレイヤーの位置に氷のメテオが降ってきます。

全員ステージ端に集まり、降り始めたら反対の端まで駆け抜けましょう~
回避のしかたさえ知っていれば怖い攻撃ではありません。


ラストゲージでは、ゲージ毎ギミックの氷壁をクールタイムで使ってきます(約80秒ほど)



このステージは2種のストンプを見切り、
回避しつつ攻撃に意識を向けなければならないという地味に難しいステージです。
慣れれば慣れるほど楽になっていくと思うので、
練習を重ねタイミング等を把握していきましょう。


この後ブラックドラゴン本体戦ですが、
5R終了時が最後の打ち合わせポイントになります。
しっかり打ち合わせをして戦いに臨みましょう。


ブラックドラゴンネスト4R

4R:旧セントヘイブン東側

ボスはブラド パルーサ メルカ
前半と後半があります(1p、2p)


前半(1p)


DN+2014-03-20+18-08-45+Thu_convert_20140326141422.png

パルーサはバリアに包まれており、
バリアを破壊するために大砲を3回当てなければいけない。

開始後パラさんかマセさん等でパルーサのタゲを取り、
残りのメンバーは4方向の光の球を破壊する。



 ●    ● 


 ●    ●   

   大砲

図のように大砲を下として、
2Rと同様にPTメンバーを十字に分けます。

●   ● 
●   ●  

●   ●
●   ●

中央などでバフなどをかけると良いですね。
3R終わりでPT順を振り分けておきましょう~
(タゲや火力等も考慮し振り分ける)

光の球の制限時間は10秒間。
失敗すると全体ダメージ+デバフなので他の所もフォローしつつ破壊しましょう。

この時ランダムタゲの跳びかかりも使ってくるので注意!


成功すると大砲からレーザーが出ます。
タゲを持っている人はなるべく大砲の直線状におびきよせてください。
ランダムタゲの攻撃もあるため、他のメンバーは一度大砲の後ろ辺りにいくと安定するでしょう。

パルーサがレーザーに当たると、吸い込み付きの竜巻をしてきます。
当たると即死クラスの威力なので、入り口辺りに戻り吸い込まれるのとは逆方向に走りましょう。
入り口ギリギリにいると竜巻の吸い込み範囲外になるため、
あまり吸い込まれないので安全です(パルーサの位置によります)

ここまでが1回。
これを3回繰り返します。

2回目の竜巻後はジャスティスクラッシュを使ってくるので、
しっかりと相手を見てジャンプ回避。
威力がかなり高いため、しっかりと見切りましょう。

3回目のレーザーを当てると奥のゲートが開くので、
急いでゲートに入りましょう(制限時間があり、間に合わないと即死)



後半(2p)

DN+2014-03-20+18-09-42+Thu_convert_20140326141443.png

パルーサのバリアが剥がれ直接戦います。

基本的にはタゲを取ってもらい、後ろから攻撃が安全です。
注意する攻撃は、

・4連飛びかかり
これは一回づつランダムターゲットの攻撃です。
タゲを取ってもらってもこちらに来るので、
しっかりと方向を見て回避しましょう。

・なぎ払い3連
最初の攻撃後、2回前方広範囲のなぎ払い。
動きは遅く見切りやすいが、前方に見た目以上の範囲があるので注意。

・鎖引き寄せ~5連
タゲの人に鎖を投げ引き寄せる(バフ消し)
その後に5連振り降ろし攻撃をします。
バフが消されてしまうこともあって、全部くらってしまうと危険。

・ジャスティスクラッシュ
1pでも使ってきた攻撃、2pはクールで使ってくる。
両腕を上に上げたら合図、しっかりとタイミングを見てジャンプ回避。
威力がかなり高い。

・3方向3連レーザー
一度消え中央に出現し、3方向に紫の範囲が出ます。
外側への吹き飛ばしが発生しているので、
歩いて紫の範囲から出ましょう。

・ディスエンチャンティングハウル(咆哮)
ダメージ0の全方位のバフ消し+吹き飛ばしで回避不可。



1ゲージを削ると全体ギミックを使ってきます。
その後ゲージ毎。

追尾の拘束鎖を放ち、中央にゲートが出現。
ゲート内と残ったステージの2箇所で、
パルーサの幻影を同時に倒さなければなりません。

3R終了時にPT欄で

●  ●
●  ●
●  ● 
●  ●

入る 残る

縦で半分で分けるか上下で分けるかしっかり決めておきましょう。
1pの十字の時も含めてしっかりPT編成する事が大事です。

拘束鎖が出る時に中央で捕まってしまうと、
そのままゲートに入ってしまう恐れがあるので立ち位置も注意。

ゲートに入る組が入った後ゲートが閉じて、
パルーサの幻影が出現します。

開幕にジャスティスクラッシュを使ってくる事が多いので注意。
その後HPを見て削りましょう~
同時撃破は猶予が5秒しかないので(片方を倒してから5秒)
削りを合わせる必要があります。

残った組ステージとゲートに入った組ステージは若干つながっており、
相手側のジャスティスクラッシュの範囲が重なっています。
なるべく端の方へいかないように中央付近で戦いましょう~

また、制限時間があり約30秒以内に倒せない場合も全体即死。
両方の幻影を同時撃破すると元のステージに戻ります。



2ゲージから攻撃が追加されます。

・竜巻
1pでも使っていた吸い込み付き竜巻。
モーションも速く回避が遅れると即死級ダメージ。
死ぬ要因の一つ。

パルーサの周りに黒いオーラのようなものが出て、
一回転くるっとしたら竜巻です。
クールが約60秒なので、危ないなと思ったら下がりましょう。
2ゲージを切ったら、大きいギミックの後はまず離れて竜巻回避後攻撃するのが安全。

・発狂
「ブラド パルーサ メルカが内なる力を呼び起こす」のアナウンス後、
攻撃力がかなり上昇。(攻撃一つ一つが即死級に)
マセかデミのバフ消しで対処しましょう。



ラストゲージで攻撃が追加されます。

・追尾毒フロア
全員に追尾の球が出ます。
物体に当たるとその場に毒フロアが形成され、
毒フロアに乗るとダメージ+回復不可のデバフが付きます。

やり方としてはタゲの人以外は集まり、
プリのレリックやデミのアルフレッド等に追尾弾を当てます。
(一直線に パルーサ 召喚物 プレイヤー の並びにする)
そうすると直接毒フロアに触れないので安全に回避できます。

毒フロア発生中もパルーサは攻撃をしてきます。
ランダムタゲの4連飛びかかりや、バフ消しの鎖引き寄せ~5連には注意しましょう。
(鎖引き寄せは毒フロアに引きずり込まれる場合があります)



ギミックが少し面倒なステージですが、
死因の多くはジャスティスクラッシュ、分裂ギミック、竜巻なので、
この3点をしっかり理解し回避できれば、実はそれほど難しくはないステージです。