レッドドラゴンネストハードコア

まずノーマルレッドドラゴンとハードコア(HC)の違いは、

・HPが増えている
・攻撃力が高くなっている
・制限時間が60分(画面右上マップ下に表示)
・復活不可
・報酬がレジェンド逆鱗、レジェンドアクセサリー
・敵のスキルのいくつかの性能が変わっていたり、新しいスキルが追加されている

レジェンド装備は逆鱗から制作します。
一回のハードコアで落ちる逆鱗は15枚らしいので、それを集めて鍛冶屋に持って行く。
武器、サブ武器は7枚、
頭、胴、脚は5枚、
腕、靴は3枚必要です。
武器や防具は封印不可、アクセサリーの封印回数は1回になっています。


このハードコアは、レッドドラゴンネストをクリアできる人が行く上位モードになります。
HPが高くなって、攻撃も痛くなっているので注意。

60分という制限時間があるため、
死なないように、積極的に攻撃をしに行くというのが重要になってきます。

マップの所に出る制限時間表示が消え、HurryUP!になると残りが5分を切った事になります。


時間を短縮するために、ステージに入る前に全てのRの打ち合わせ、
報酬の取り決め等話しておきましょう。
入ったらクリアまで休憩時間はありません。



1R:炎舞のバルバトス

大きな変更点はありません。
ほぼノーマルレッドドラゴンと同じように戦えると思います。

目安として5分以内に倒せると良いかな。


2R:双攻のクルデリス

ここも大きくは変わらない。
同じように行けるでしょう。

目安は1、2R合わせて10分以内。
この後の3、4、5Rは時間がかかる事もあるので、
なるべく1、2Rと本体戦は早めに倒したい所。


3R:石炎のヌベル

基本は変わらないのですが、
炎目の時の赤い円形ラインに当たるとMPも一気に減ります。
MP回復系のスキルが無いと厳しいので気をつけましょう。

それ以外はほぼノーマルと同じ感じです。
早めに倒したい所。


4R:スーパージャスミンコア

このレッドドラゴンハードコアで最も大きく嫌な変更点は、
バーを使ったギミックの解除範囲が2Rの氷結ギミックと同じになるというものがあります。

4Rのドリルも解除範囲が狭くなっており、ここで死んでしまう人も多いでしょう。
ドリルはまだ1残って、うまく外周まで行ければ死なないのでいいのですが、
本体戦2pは怖いですね。

その他はノーマルレッドドラゴンと同じ感じです。


5R:不滅のタキトゥス

タキトゥスの戦い方はノーマルレッドドラゴンと変わりませんが、
追加ギミックが2ゲージ以降あります。

・烈炎刃
2ゲージを切ると追加される攻撃。
全員を拘束状態にし(AD連打で解除)、ステージ4隅のどこかに円形の安置を作る。
制限時間内に安置に入らないと即死。
時間が結構ギリギリになるので、ワックス等をしっかりひいてあげましょう。

この追加ギミックは、知ってさえいれば初見でも回避できます。
落ち着いて対処しましょう。


6R1p:ブラックドラゴンの幻影

引っ掻きにバフ消し追加。
他は変わりません。


6R2p:レッドドラゴンフェザー前哨戦

4Rに書いたように、拘束のバーギミックの解除範囲が狭くなっています。
失敗すると大ダメージなので要注意。


6R3p:レッドドラゴンフェザー本戦

3体精霊召喚の時に、全員拘束(AD解除)+バフ消しが追加されます。
なるべく発動時中央へいくと猶予があるかも。
誘導する側も遅れてしまいがちなので注意が必要です。

他はほとんど変わりません。



ハードコアは死なない事が前提となってきます。
1~2人死ぬと火力的にもきつくなり、
制限時間内に倒しきれなくなったりギミック解除が厳しくなったりします。

特にバーを使ったギミックは解除範囲が狭くなりシビアになっていますので、
ノーマルレッドドラゴンの2Rで練習し、ほぼ確実に解除できるようになりましょう。

その他に関してはノーマルとそれほど差異は無いので、
しっかり慣れていればクリアも見えてくるはずです。

スポンサーサイト

レッドドラゴンネスト6R:3P

6R3P:レッドドラゴンフェザー本戦


DN+2015-07-03+00-04-30+Fri_convert_20150703010620.png

6Rは3Pからが本番です。
ギミックをしっかり覚え対処しましょう。


注意する攻撃は、

・引っ掻き
威力はそこそこですが、くらうと火傷状態に。
ハードコアでは痛そうなのでしっかり回避できるようにしておきましょう。

・叩きつけ拘束~石柱
左手を上に上げたら叩きつけ拘束です。
地面を叩き全プレイヤーを拘束、AD連打で解除しましょう。

AD中メンバーの誰かの足元に石柱が出て、AD解除が遅れると結構なダメージをくらいます。
石柱は放置していると範囲攻撃をしてくるのですぐ壊しに行きましょう。
その間もフェザーは攻撃してくるので、回避しつつ石柱を壊す事になります。
(石柱は出ない場合もあります)

・フィアー
咆哮と共に全員が外側へ強制的に走ります。
ブラックドラゴンネストの悪夢と同じようなもの。
2Rの氷結ギミックや2Pの拘束と同じく青い範囲内の時にスペースキーを押し解除しましょう。
外側の壁までいくとダメージゾーンがあり解除するまでダメージをくらい続けます。

12ゲージ以降は各プレイヤーの位置に落ちてくるメテオが追加(3発)


基本的にレッドドラゴンもブラックドラゴンと同様に、左手前付近で戦っていきます。
更に空を飛ぶ状態からの3つのギミックがあります。


・紅炎球
飛んだ後「フェザーが紅炎球を落としてくる!」というアナウンスが出ます。
全員で固まって待機し武器をしまい、範囲がでたら中央へ向け歩く(ワックス等が有効)
走り出しが速いと範囲が伸びてしまい後ろの人がくらってしまい、
走り出しが遅いと間に合わずくらってしまうのでタイミングを測りしっかり回避しましょう。
また、くらってしまうと火傷状態になり武器を出した状態になります。
その後間に合わない事が多く死んでしまう原因の一つです。

左手側から中央へ向かい、中央でほぼ紅炎球が終わるので右手側に抜ける。
中央を経由してV字に移動する感じです。

紅炎球後はストンプが来るのでジャンプ回避。

・紅魔球
飛んだ後「紅魔球は地面に触れると爆発するぞ!体を張って割り込もう!」というアナウンスが出ます。
プレイヤーから3~4名をランダムに選び紅魔球を落とす。
タゲになった人は頭の上にマークが出るので、その場から動かないようにしましょう。
紅魔球に当たると全体攻撃を阻止できます(紅魔球のダメージは0)
地面に落ちてしまうと全体範囲の攻撃が来る。

紅魔球後はストンプが来るのでジャンプ回避。

・3体精霊召喚
シルフィード、ベノム、クルデリスの3体を召喚する。
制限時間内に倒せない場合は全体死。
出現場所はシルフィード3時、ベノム9時、クルデリス6時。
倒す順番もこの通りシルフィードーベノムークルデリスとなるので見た目で覚えると楽。

ベノムとクルデリスはパラさんともう一人でタゲを持ち離す。
この3体は近くにいるとバリアを貼り攻撃できなくなってしまいます。
それ以外の火力側はシルフィードを一気に倒してしまいましょう。
この精霊達は後ろに逃げる傾向があり、中央からタゲを取り外側へ離したほうがやりやすいかも。

必ずメテオの無いフィアー後に入る。
メテオ無しフィアー~3体精霊召喚という流れ(12ゲージ以降も)


空を飛ぶ状態からのギミックは、全員固まると覚えておけばどれも見てから対処できるでしょう。
3体精霊召喚の時だけは素早く中央付近へ行くようにしましょう。



12ゲージを切ると攻撃変化&追加されます。

・呪いブレス
空を飛んだ後、全員が一箇所に吸い込まれます。
中央へ向かい走りつつ、呪いの付いた人は2Pの時の対処と同じく右へ。
他のメンバーは左へ回避しましょう(この取り決めは2pと同じ)

ブレスを回避した後は急いで腕の位置まで戻ります。

・マグマ溜まり
空を飛ぶギミックの一つ。
全員で固まっていると、中央から炎柱が来ます。
これが来るとマグマ溜まりです。
全員で中央にいきましょう。
「フェザーがマグマ溜まりを作ろうとしている!」というアナウンス後、
全員の足元に円形範囲が出るのでそれが出たら元の左手の位置に戻ります。

マグマ溜まりは長時間残るダメージゾーンなのでそれをフェザーの真下に設置し無効にしましょう。



更に8ゲージ辺りから最後のギミックが追加されます。

・台座
台座ギミックを使うようになると、3体精霊召喚は無くなります。
3体精霊召喚の代わりに台座になる形。
同じくメテオ無しのフィアーの後入る。

「フェザーが地面を焼き尽くそうとしている!飛び石を登って上の足場まで避難しよう!」
というアナウンス後中央に飛び石が出ます。
中間の足場にたどり着くとそこから個別に別れて安置に向かいます。

中間の足場からの割り振りはパーティ順で、

 ○   ○
 ----------
 ○ | ○
 ○ | ○
 ----------
 ○   ○

このように分かれる。
中間の足場は正方形で、

   12時
   ○ ○
9○     ○3
時○     ○時
   ○ ○
    6時

マップで見て方角を確認しこんな感じに。
飛び石で登ってくる所は3時の方角なので、そこを知っていれば対処もしやすいでしょう。
私は3時付近に当たる事も多いのですが、登ってきて後ろを振り向けば3時の位置になります。

※大改変後はOキーでPT欄を見て、
上から、

   1 2
   ○ ○
8○     ○3
7○     ○4
   ○ ○
   6 5

というように割り振りすると良いでしょう。

そこからは各自別の足場を使い安置まで行く(12時、3時、6時、9時の4箇所)
安置に入ったらブレスが来るのですが、本体がどこにいるのか見つけておきます。
このフェザーの向きがそのまま降りてきた時の位置にもなるので、左手前まで移動しておきましょう。

姿を確認しておけばフェザーが上に飛んだ後ストンプです!
タイミングが結構速いのですがしっかりジャンプ回避しましょう。


8ゲージ以降は台座が追加された後他の新要素はありません。
集中して攻撃していけば討伐は目の前でしょう。



レッドドラゴンネストはかなり重いネストです。
気休め程度ではありますが、一度プラクティスに行って死に戻りをしたり、
武器アバや羽等を非表示にすると少し軽くなったりするみたいです。

レッドドラゴンネスト6R:1P、2P

いよいよレッドドラゴンフェザーとの最後の対決です。
6Rは全3P(フェーズ)で構成されています。


6R1P:ブラックドラゴンの幻影


DN+2015-06-30+23-45-45+Tue_convert_20150701012944.png

ブラックドラゴンと戦います(20ゲージ)
ブラックドラゴンネスト6Rの4Pで台座を抜かしたもので、
回避方法は同じだがアナウンスやモーションに変更があり初見だと驚く。
ブラックドラゴンに慣れている人ならすぐに対処できるでしょう。

基本的な攻略はブラックドラゴンネスト6Rを参照。
変更点は、

・悪夢(AD、呪い)
中央まで行き、AD連打で解除してストンプをジャンプで回避します。
ブラックドラゴンの時は「死と敗北の悪夢が渦巻く!」というアナウンスでしたが、
レッドドラゴンでは「ブラックドラゴンの幻影がブラックエナジーを放つ!」に変わっています。
モーション、回避方法は同じ。

これは2P、3Pも使う事ですが、中央に菱型のような模様がありそこが中央になります。
中央に行く場合はそこを目印にしましょう。

・空間
中央への吸い込みか外側への吸い込みが発生するので逆らって走る、ワックスが有効。
ブラックドラゴン時は「空間が歪み始める!」とアナウンスが出ましたが、
レッドドラゴンではアナウンス無しで使ってきます。
モーションも地面に向かって咆哮するので最初は何の攻撃だろう?と思いました。
回避方法は同じ。

・混沌
中央へ強制的に吸い込まれ反転デバフが付く、一箇所に集まりタイミングよく走りましょう。
こちらも発動時のアナウンスが無くなっている。
ブラックドラゴンの時とほとんど変わらないのですが、
範囲の爆発がちょっと早くなっており、タイミングがシビアになっています。
ブラックドラゴンの感覚でいくと失敗するかもしれません。
範囲が出たらすぐ移動!


20ゲージありますが、結構柔いので削りは速いです。
ブラックドラゴンネストに慣れている人ならここはすぐ対処できるでしょう。
唯一注意するのは混沌だけ、ここだけは事故がおきやすいので気をつけましょう。

ゲージを0にすると2Pに入れるようになります。
※一人でもゲートまで行くと2P開始。



6R2P:レッドドラゴンフェザー前哨戦


DN+2015-07-01+00-15-26+Wed_convert_20150701013006.png

正方形のステージで戦う事になります。
レッドドラゴンは4つの方向のどこかに出現するので、
飛んでいったら中央へ戻り、マップを見て赤い丸がどこに出るか確認しましょう。


注意する攻撃は、

・引っ掻き攻撃
左右使ってきますが、逆側の手の所まで行くと当たらないので安置になります。
基本左右に移動しながら攻撃していきます。
くらうとバフ消し+回復不可デバフが付くので厄介。

・叩きつけ
右手を上にあげたらこの攻撃。
地面判定の攻撃なのでタイミングよくジャンプ回避しましょう。
くらうと鈍足状態に。

・拘束
発動時バフを全て消され拘束されます。
レッドドラゴン2Rの凍結ギミックと同じもので、
こっちの方が青い部分が大きいので解除はしやすい。

・呪いブレス
「フェザーが呪いをかける!」のアナウンス後にメンバーの一人に呪いが付きます。
呪いが付いた人には円形の範囲が出て、
他のプレイヤーがその中に入ってしまうと大ダメージを受ける。
呪いが付いた人は右に、それ以外の人は左に行く等決めておくと対処はしやすい。

またブレスは扇状になっており、外側への吹き飛ばし効果もあるため、
後ろに行けば行くほど危険になります(無敵貫通)
安置は左右前方なので、できるだけ顔の前で戦うようにしましょう。

・ブレス阻止
吹き飛ばしの後、「フェザーの頭を攻撃し、ブレスを阻止しろ!」とアナウンスが出ます。
外側への吹き飛ばし+メテオが降ってくる中、頭部破壊をしましょう。
失敗すると全体死。

防御系のバフはここで一気に使いましょう。
これも前方で攻撃する事になるので、2Pはフェザーの近くのほうが安全です。


基本的にはフェザーの近くで攻撃していきます。
後ろにいると危険な呪いブレスもあるので、前方で引っ掻きを避けたほうがいいでしょう。
2Pに関してはそんなに難しくないので、数回やってみるとなんとなくコツは掴めると思います。

16,5ゲージ辺りまで削れば2Pは終了です。
中央のワープゲートに入ると3Pへ。

レッドドラゴンネスト5R

5R:不滅のタキトゥス


DN+2015-06-11+23-33-09+Thu_convert_20150614144343.png

一撃が大きい攻撃が多く、ほとんどの攻撃に火傷が付きます。
攻撃の特性を覚えて戦いましょう。
火傷はキュアで即時回復。


注意する攻撃は、

・二段突き
前方に2回突きをする攻撃で、地味だが前方への射程が長く威力が高い。
発動モーションは少し後方へ下がってから二段突きなので、後ろへ下がったら注意。

・ラインドライブ
かなり早い突き攻撃。
威力もそこそこ高く、見てから回避もしにくい。
発動前に突進する方を見るので、常に敵の向きには注意しておきましょう。

覚醒時はラインドライブ後全方位クレセントが追加。

・クレセントクリーブ
剣を振り被り力を貯めた後、前方へ剣気を出します。
真後ろが安置なのでモーションを見たら後ろにいきましょう。
前方近距離で当たると多段即死もある恐ろしい攻撃です。

・ランダムクレセント
座ったらこの攻撃です。
色々な方向に剣気を飛ばしてきます。
火傷状態にはなりますが、威力はそれほどでもないので、
防御バフ等が入っていれば攻撃タイミングとも言えます。

・突進クレセント
注意しなければいけない攻撃の1つ。
後方へ下がりタゲのとこまで一気に切りつけ、全方位クレセントを放ちます。
特に中心でくらうと多段即死するため非常に危険。

後方に下がるモーションは主に二段付きと突進クレセントの2つ。
下がったらこちらも下がるようにしましょう。

・扇状範囲攻撃
前方に扇状の範囲を出す攻撃。
くらうと暗黒火傷という闇属性ダメージの火傷をくらいます。
キュア等ですぐ直しましょう。
真横や後ろは安置で、一気に攻撃できるチャンスでもあります。

・十字扇状範囲攻撃
タキトゥスが消えるとこの攻撃です。
上下左右に扇状の範囲を出し、その上にいるとダメージをくらいます。
こちらも暗黒火傷付加。
斜めの方向に安置があるので、覚えておけば回避も楽になるでしょう。

・吸い込み
下に円形の範囲が表示され、全プレイヤーを中心へ吸い込みます。
歩いてその範囲から出ましょう。
くらうと火傷+バフ消し。

・吸い込み(回避)
発動モーションは同じですがこちらはかなり怖い攻撃。
同じく全プレイヤーを吸い込み、回避のアナウンス後円の外に出なくてはいけません。
結構タイミングがシビアで、くらってしまうと防御力無視のHP全体の5割ダメージ。
ここはHPが上がるスキルは使わないようにしましょう。
ワックス等があると抜けやすくなります。

通常の吸い込みとの見分け方は、
タキトゥスがその場から消えたら吸い込みで、そのまま残れば吸い込み(回避)です。

・ライン攻撃
足元にラインを出し、その上にいるとダメージを受けます。
火傷+バフ消し。
判定にラグがあってライン上にいなくてもくらってしまう事もある。

・剣閃
一瞬消え前方範囲を無数に切りつけます。
スタン値が高いのでくらうとほぼスタン状態に。

覚醒時は剣閃後全方位クレセントが追加。

・バフ消し
衝撃波でバフが消されます。
範囲は意外と狭く、無敵スキルでも回避できます。


更に2つの強力なスキルがあります。

・瞬間移動攻撃
とにかく速い、痛い攻撃。
女性職は即死する場合が多く、多段即死の可能性もある。
ランダムタゲで計3回ラインドライブを仕掛けてきます。
しかも初回はアナウンス前です。

とにかくいきなり自分の方を向いたら回避しましょう。
壁側でしっかり回避していけば回避できます、初撃に注意!

・ストンプ
火柱~ストンプ~剣閃~ストンプまでが1セットなのですが、まとめてストンプとしておきます。

足元に黒い円が複数出現し、打ち上げ火柱が出ます。
黒い円の上にいないようにしましょう。
打ち上げ後ストンプが来るのでくらった場合はエリアルで体制を立て直します。
このストンプはタイミングが独特なので、何回もやってしっかり慣れましょう。

ストンプ後の剣閃をくらうとスタンになるので、その後のストンプの回避が難しくなります。
ここはなるべく離れましょう。

最後のストンプは1Rのストンプと同じく円形範囲が出てからのストンプなので、
エフェクトを見てジャンプ回避しましょう。
1Rのストンプよりもタイミングは早めになります。


タキトゥス戦は敵の向きをしっかり見ることが重要だと思います。
特に注意しないといけない瞬間移動攻撃、ストンプ、吸い込み(回避)は、
しっかりと練習しましょう。

入る前にタゲを中央で取るか、端で取るかを決めておきます。
ゲージを切る直前は中央付近の方が楽です。



1ゲージを削るとゲージギミックの十烈斬をしてきます。

・十烈斬
ゲージ毎の攻撃。
3時か9時どちらかにタキトゥスがワープ。
タキトゥスとは逆の方に全員で移動しましょう。

剣気が飛んでくるので全員で当たりにいく。
この剣気はプレイヤーの数だけ飛んできます。
全員固まっていても一人にしか当たらないので、
当たった人はその場で待機、ほかのメンバーは前に行きます。
こうして少しずつ前進し8人当たれば解除されます。

剣気は同じ人が2回当たってしまうと即死。
また全員当たる前にタキトゥスに到達しても即死なので、前に行き過ぎないように注意。
横にある刃のような物を目安にするといいでしょう。



3ゲージから攻撃が追加されます。

・覚醒
分身が2体出現し邪魔をしてきますが、
本体のゲージを削ると覚醒を阻止する事ができます。
失敗した場合は覚醒状態に(時間経過で戻る)

分身のタゲを取り、火力側で本体を叩くといいようです。
防御バフなども忘れずに!
覚醒してしまったら追加攻撃が入るスキルがあるので注意。



ラストゲージに追加攻撃があります。

・暗転攻撃
0,75ゲージ辺りに一回だけ使ってくる攻撃。
周囲が暗闇に包まれ、移動エリアが狭くなります。
その間高威力+バフ消しのラインドライブを回避しましょう。

かなり攻撃の速度が速く、威力も高いです。
ミラクルや設置系バフ等を駆使し耐えきりましょう。
回避する時間が長いため最初にプリのミラクル、
後半でLFのミラクルといった組み合わせが必要です。

無敵スキルも有効なのでうまくローリングや無敵のあるスキルを使うと楽になります。
私は後半ショータイムを使っています。

11時や2時の方向の端にあまり攻撃のこない場所があり、回避しやすいようです。
もちろん数撃は来るのでしっかり回避!

デトネ等で潰すことが可能。



ラグやバグも多く、一撃即死が怖いRで事故も多いでしょう。
敵の向きや動きをしっかりと見て、攻撃に対処しなくてはいけません。
4Rも鬼門ではありますが、結局この5Rが一番怖い。
ここを全員生存で抜けられればクリアも見えてくるでしょう。

レッドドラゴンネスト4R

4R:スーパージャスミンコア


DN+2015-06-09+23-49-08+Tue_convert_20150610205816.png

レッドドラゴンネストでも最大の難関と言われる4R。
攻撃1つ1つをしっかり把握し、周りの状況を見つつ戦いましょう。


注意する攻撃は、

・レーザー、拡散レーザー
出が早い攻撃で当たると吹き飛ばし+感電状態に、単発は無敵貫通。
バフ等がしっかりかかっていれば脅威ではありませんが、サンダーボール後は危険です。
注意しましょう。

・2連ミサイル
上空に浮いた後、プレーヤーの位置に2発ミサイルを落とします。
爆発時にダメージ。

・多弾ミサイル
前のシャッターが閉まり、多数のミサイルをプレイヤーのいる位置に落とします。
他の人に被らないように歩いて回避。
爆発時にダメージ。

・設置ミサイル
4Rで特に注意しないといけない攻撃の1つ。
前のシャッターが閉まり、プレイヤーのいる位置に1発ミサイルを落とします。
着弾時にダメージ判定はありません。
その後爆発時に円形のダメージゾーンを設置、そこに入ると即死クラスのダメージです。
この設置はしばらく残り、戦う場所が狭くなります。

多弾ミサイルと発動が似ておりしっかり見極める必要がある。
早めに回避してしまうと設置がバラけてしまうため危険。
できれば着弾を見てから回避しましょう。

・サンダーウェーブ
4Rで特に注意しないといけない攻撃の1つ。
ジャスミンの正面以外にプレイヤーがいると使ってくる攻撃で、
扇型に赤いダメージゾーンが発生し、しばらく残る。
赤いエフェクトが地面に出るので、範囲外に逃げましょう。

サンダーウェーブを出させない戦い方もありますが、
個人的にはあえて出させた方が事故は少ないかなと。


このステージはサンダーウェーブと設置ミサイルの2つにより、
戦う範囲が限られていきます。
全員がバラバラになってしまうととっても危険で、全員が一箇所に集まり戦うことが重要となります。

まず集合位置を決めておきます。(多いのは12時、6時、9時)
その位置から設置ミサイルやサンダーウェーブが来たら時計回りに逃げます。
こうして戦えないダメージゾーンを最小限にし、一箇所で攻撃していきます。
全員が同じところにいればバフや回復もしっかり入りますからね。

一人でも別の位置にいると、設置ミサイルやサンダーウェーブで挟まれてしまい、
危険な状況になるので、全員が理解している事が大事です。


更に2つのサンダーボールも注意。

・青サンダーボール
ジャスミンコアからサンダーボールを外側に向けて撃ちます。
外側の壁にサンダーボールが当たってしまうと、
巨大サンダーボールが複数発生し触れると即死クラスのダメージ。
発射順は3時、12時、9時、6時、4-5時、1-2時、10-11時、7-8時。
これをPTで分け、壁に当たる前にプレイヤーが体当たりで止めます。


12時   ● ● 1-2時
10-11時● ● 3時
9時    ● ● 4-5時
7-8時  ● ● 6時

この割り振りは、ブラックドラゴンネスト3Rのバブルの時と同じです。
自分の位置をしっかり覚え、できれば順番も覚えておきましょう。

※大改変後はPT欄が変わったので、
OキーでPT情報を見て、上から12時というように割り振りしていく。

例として3時の人の場合、最初に出てくるので一番早く位置につかないといけません。
4-5時の人の場合、3時の人を見てて6時の人が当たったら次なので構えておきましょう。

青サンダーボールはダメージはありませんが、当たると防御0、属性抵抗0の状態になります。
デバフの効果中はしっかり回避しましょう。
1ギミック中の青サンダーボールに2回当たると即死になります。

また人数が減るとサンダーボールの数も減ります。
7-8から逆順に消えていくので、しっかり考えて対処しましょう。
(2人しか残ってない場合、3時、12時といった感じ)

・赤サンダーボール
全体にバフ消し、反転デバフ付加の衝撃波を出します。
6時の方角から右回りか左回りに一周サンダーボールを連続で撃ってくる。
無敵スキルやローリング等で回避しましょう。

反転が付いているのでキー操作、マウスのボタンも逆になっています。
何回もやって反転に慣れましょう。
またPTによって赤サンダーボール時にキュア等で反転を直す事もあります。

発動時はジャスミンが赤いオーラを出すので、しっかり見ていれば分かりやすいはず。
また赤サンダーボール時に設置ミサイルの範囲、サンダーウェーブのダメージゾーンは初期化されます。



1ゲージを削るとゲージギミックのジャスミンボムがきます。

・ジャスミンボム
ゲージ毎のギミックで、
「スーパージャスミンコアがジャスミンボムをチャージしようとしている!」と出たら、
外周から出てくるジャスミンボムを破壊していきましょう。
1回目は十字に出てくる(12、3、6、9)
2回目はX状に(2、4、8、10)
3回目は8方向となっています。

PT割り振りはPTメンバーを上下で分けるか、縦で分けるか、
もしくは青サンダーボールと同じ位置を担当。
(3時の人の場合は3時を壊し、2回目は時計回りに4時、3回目は3、4時を担当する)
やり方はPTで異なるので必ず確認しましょう。

ジャスミンボムはスーパージャスミンコアに到達すると1チャージになり、
5チャージで全体死となります。
またチャージ後ジャスミンボムは爆発するので、チャージされてもすぐ壊しましょう!

ウィンドウォーカーのショータイムはここではかなり有利で、
うまくスパイラルエッジを当てていきましょう。
特に8方向の時はいい位置で当てれれば複数個一気に削れるのでかなり良いです。



2ゲージから攻撃追加+性能変化があります。

・ドリル
ジャスミンコアから腕が出てきます。
その後中央への吸い込み+レッドドラゴン2Rの氷結ギミックと同じバーが出ます。
青い範囲でSpaceキーを押し解除しましょう。
氷結ギミックよりは解除範囲は大きいのでやりやすいはず。

全員が間隔を空け外周まで行きます。
解除に失敗した場合はダメージをくらって外周に吹き飛ばされます(HPは1残るので慌てない)
そのあと足元にドリルが出てくるので全員時計回りに歩いて回避しましょう。

コツとしては武器は出したまま、速度アップ系のスキルは使わない(ダッシュも)、
前の人との間をある程度保つ、一度走り出したらなるべく止まらない。

・赤サンダーボール(追尾)
2ゲージから性能が変化します。
4Rで特に気をつけないといけない攻撃の1つ。
バフ消し+反転デバフが付いた時にターゲットをランダムで設定、
ターゲットに選ばれた人は赤いオーラが出て、赤い十字ターゲットデバフが付きます。
そのキャラに目掛けてサンダーボールが全弾行くことになります。
ターゲットの人が死んだ場合は即座に別の人にターゲットが移る為、事故も多いです。

ターゲットになった人は時計回りに歩いて回避しましょう(状況によっては反時計回りもあり)
やり方で多いのは、2ゲージまではキュアを置き反転を解除、2ゲージからはキュアはしない。
反転の混乱による事故を防ぐためです。

なので反転にはしっかり慣れておきましょう。



このRは制限時間があり、20分(プラクティスなら10分)で暴走攻撃が来ます。
安置が存在していて理解していれば回避できます。

・暴走
時間制限後に来る1回だけの攻撃。
発動時反転デバフが付き、外周から無数の巨大サンダーボールが出現。
縦横無尽にステージを駆け巡ります。
触れたら即死クラスのダメージ。

5分前、1分前にアナウンスがあり、1分前になったら安置の近くにいきましょう。
安置の場所は、


DN+2015-06-08+21-35-53+Mon_convert_20150610205845.png

ここが5時にある安置。
足元の模様を見てください。
三角形のようになっていますよね?
三角形の先端辺りと覚えてください。

ラインに重なると当たってしまうし、もう少し後ろでも当たるので、
判定は結構シビアです。


DN+2015-06-08+21-36-02+Mon_convert_20150610205831.png

こっちが7時の安置。
同じような感じで反対側の11時と1時にも安置があります。

設置系を使われたらそっちに移動しないといけないので、全て覚えておきましょう。
あと、発動時は反転デバフがあり巨大サンダーボールの出も速いので、
発動を見てからは安置には少し行きにくいかなと思います。
1分前から攻撃しなくてもいいので回避に専念しましょう。



2種類の設置スキル、追尾の赤サンダーボール等、
注意しなければいけないスキルは多いです。
暴走安置もしっかり覚え、無死でクリアできるようになるまで何回も練習しましょう。

レッドドラゴンネスト3R

3R:石炎のヌベル


DN+2015-06-05+00-57-30+Fri_convert_20150605014625.png

ガーディアンネストのボス、ルナシスに近いタイプの敵です。
攻撃をしっかり見切り回避する事が重要。

攻撃は痛いですが耐え切れる攻撃も多いので、
落ち着いて戦いましょう。


注意する攻撃は、

・ライン攻撃
ルナシスの刺攻撃と同じモーションの攻撃。
前方と右側、左側の3種類。
ラインの隙間に行きましょう。
無敵スキルも有効なので、回避しきれないと思ったら無敵回避。

・尻尾攻撃
後ろにいると使ってくる攻撃で衝撃波の範囲も広い。
主に横で攻撃していきましょう。
使われた場合は無敵スキルなどで回避。

・槍投げ
タゲに向かって槍を投げます。
ローリング等で回避。

・突進攻撃
通常の突進で、短い距離を移動し地面に槍を刺す。

・炎突進攻撃
比較的長い距離を移動する突進で炎のエフェクトが出る。
端まで行くと炎クレセントクリーブを出す。
この炎クレセントが厄介で、近距離で直撃すると多段即死もあります。
基本突進は追いかけないようにしましょう。

ランダムタゲの攻撃なので注意。

・炎目
ランダムでプレイヤーに炎の玉が飛んでいき、
そのプレイヤーを中心に円形状の赤いラインができます。
赤いラインとラインの隙間に行き回避しましょう。

この炎の玉が着弾する時に無敵回避等をしてしまうと、
赤いラインが消えてしまうバグがあり、
あまり無闇にローリング等を使わず、どっしりと戦っていくのがいいかもしれません。
逆にこの炎目後は次の炎目までは攻撃できるチャンスとも言えます。


対ヌベルに関しては攻撃をしっかり回避していく事、
炎目を対処する事でかなり戦えるようになるはずです。
攻撃は主に真横辺りがいいでしょう。

HPが減った場合は回復を待つ事も大事です。



最初のゲージを半分削ると、石像を3つ召喚します。

・石炎の像
12時、4時、8時辺りに石像が3つ出てくる。
対処パターンは主に2つ。

ヌベルのタゲを6時に固定する場合は、
石炎の像を10時、12時、2時の位置まで蹴り等で運ぶ。

ヌベルのタゲを12時に固定する場合は、
石炎の像を4時、6時、8時の位置へ運ぶ。

つまり像とボスを対角で固定し攻略していきます。
こうする事で像のギミックをある程度無効化する事ができるようになります。
※今回は上のヌベル6時、石像10時、12時、2時で書いていきます。
逆の場合は位置を逆にして見てね。

3R前に石像担当を決め(LFやレンシア、マセ等が多い)
その人に主に担当してもらいます。
サブでもう一人つけるともしもの時に安定するでしょう。

石炎の像のギミックは、
円形状の溶岩を出す、レーザーで隔離、炎弾を吐き出すの3つ。
上記の配置でしっかりできれば、溶岩とレーザーはほぼ無効化。
炎弾は厄介でしっかり回避するか、ミラクル回復等を立て一箇所で耐えましょう。

ヌベルは石像を破壊しようとしてきます。

・石像破壊
3つの石像のどれかに赤いラインの効果範囲が表示されます。
5秒以内にそのラインから石像を出せないと、石像が破壊され全体即死。
入る前に決めた石像担当はここで重要になります。
ラインが表示されたらすぐに石像まで行き、スキルなどでラインから押し出しましょう。
自分もライン上にいると即死クラスのダメージなので、押し出す~速やかに自分もラインから出る。

このラインは直線上なので、ヌベルの位置によっては2つ入ったりする場合があります。
10時、12時、2時の間隔はある程度あけておきましょう。
石像破壊を回避した後、石像担当は石像を元の位置に戻します。

この石像は壁際まで押してしまうと埋もれて動かせなくなってしまうので、
押し過ぎにも十分に注意しましょう。
※バインディングショット等いくつかのスキルで対処はできます。

アクロバットが石像管理になった場合使えるスキルは主に4つ、
スパイラルキック、サイクロンキック前半、サークルシュート、バインディングショット(引き寄せ)
これらで石像を動かしましょう。
また、石像破壊は石炎の像のギミック後に多いので、
ギミックが終わったら石像の方に寄っておくとやりやすくなるでしょう。
石像の位置など常に気をつけ、少し先読みしつつ対処すると安定してきます。



1ゲージ削ると吸い込みメテオをしてきます。

・吸い込みメテオ
ゲージ毎のギミックでラストゲージは半分で1回使ってくる、計4回。
ヌベルがステージ上を走り回り、中央に行きます。
PTメンバー集合場所は12時か6時が多いですが、入る前に決めておきましょう。
中央への吸い込みが発生しメテオが降ってくるので、メテオを回避しつつ外側へと歩く。
1箇所に集まればスピブやミラクル等がかけられるので効果的です。
途中ストンプが1回挟まるので、ヌベルを見るか音で判断しストンプを回避しましょう。
このストンプはミラクル等バフが入っていれば即死するほどではないのですが、
ストンプくらう~倒れた所にメテオ直撃~火傷で死ぬという事もあるので注意。

メテオが終わるとヌベルの周囲に範囲が出現。
石像も吸い込まれており、制限時間内にこの範囲から石像を出さないと全体即死となります。
これは3R始まる前に、PTメンバーをT字に石像割り振りしておきます。

○   ○
-----
○ | ○
○ | ○
○ | ○

上2人が12時、
左の3人が10時
右の3人が2時となります。

※大改変後PT欄が変わったので、
上から2人12時、3人2時、3人10時等割り振りしておきましょう。

吸い込みメテオ後はこの担当で石像を範囲から出します。
死んでしまった人がいる場合はその都度調整。



1,5ゲージ削ると連続ストンプが追加されます。

・連続ストンプ
ヌベルが走り回り、中央へいきます(この予備動作は吸い込みメテオに近い)
ルナシスの上下ストンプと同じ感じのものですが+αの要素があり、
ストンプの回数を各自カウントしなければならない。

ストンプの回数は6~7回くらいで、奇数ならその後出る緑のバリアに入ります。
偶数なら赤のバリアへ。
間違ったバリアに行ったりバリアに入れないと即死します。

ジャンプで回避しつつ心の中で回数を数えましょう。
奇数、偶数はどっちのバリアに入るかはアナウンスでも表示されるので、
奇数はどっちの色に入るんだったかな?と忘れても安心です。
先頭の人はマクロを出すと助かるかも。

発生動作が吸い込みメテオに似ていますが、ゲージを見てある程度判別できます。
ゲージを切っているなら吸い込みメテオ、それ以外ならほぼ連続ストンプになります。
※丁度クールが重なってしまう場合もあるので、敵の動きもよく見ておきましょう。



ここまでで全てのスキルが出ることになります。
ここからはミスを少なくし、集中していけばクリアできるはずです。
ラストゲージから新スキルが~みたいなのは無い敵なので気持ち楽に戦えるでしょう。

レッドドラゴンネスト2R

2R:双攻のクルデリス


DN+2015-06-05+00-55-18+Fri_convert_20150605014613.png

メモリアでは1Rの敵ですが、レッドドラゴンネストでは2Rになっています。



クルデリスの攻撃は見切りやすいのですが、炎と氷を使った状態異常(火傷は1ドット20万ダメージ)
連続ヒットによる減り等注意しなければならない事も多い。

注意する攻撃は、

・引き寄せ回転攻撃
直線上の敵を引き寄せ、回転攻撃を行う。
連続ヒットするとかなりのダメージなので注意。

・イベポレーション(炎、氷)
プレイヤー全員の足元に3回属性ダメージを発生させる(炎の場合は火傷、氷の場合は鈍足付き)
歩いていれば回避できるので他の人と被らないように歩きましょう。

・炎突進
体に炎をまとって突進する、端まで行って止まるとタゲに3つ炎弾を撃つ(炎弾をくらうと火傷)
通った後にも炎の範囲が残り、そこに触れても火傷状態になる。
炎弾を撃つ時に方向を確認し、自分がタゲの場合はタイミングよくローリングで回避する。

・氷突進
体に冷気をまとって突進する、端まで行って止まると強力な吸い込みを発生し近くにいると大ダメージ。
見た目でわかるので、見たら突進を回避しつつ距離を取る。
吸い込まれないように注意。
通った後には氷の判定があり、触れると鈍足状態に。


厄介な攻撃が多いですが、慣れると見切りやすいはず。
攻撃できるタイミングを見つけ削っていきましょう。


最も注意しなければならない攻撃の1つに氷結ギミックがあります。

・氷結ギミック(発動時バフ消し)
音ゲーともタイミングギミックとも言われる。
プレーヤー全員が氷結状態になり、下にゲージが出現。
動く丸を中央の青い範囲内で止めることができると解除されます(Spaceキーで止める)
最大3~4回までチャンジでき、失敗すると炎竜巻による大ダメージ+火傷。
打ち上げ効果があるのでエリアルでダメージ軽減ができます。

速度はおそらく低速、中速、高速の3段階、1回のギミック中に速度が変わることはない。
低速はぴったりに押す、高速はちょっと早めに押す等、見極めて対処しなければいけません。
メモリアでは1Rなので氷結ギミックはしっかり練習しておきましょう。

解除した後も炎竜巻は残っており(他のプレイヤーのも)
その範囲上にいた場合失敗時と同じダメージをくらってしまうため、
解除したら必ず安全な所に逃げましょう。

また、LFやプリ等が先に解除できれば回復、防御バフ等での軽減もできます。
火傷も瞬時にキュアできれば失敗しても大幅に軽減できるので有効です。



1ゲージ削ると全体ギミックのツインバーンを発動します。

・ツインバーン(発動時バフ消し)
ゲージ毎に発動する全体ギミック、ラストゲージはクールタイム制に(約60秒~70秒)
全体に吹き飛ばし効果を発生させ、プレイヤーに青か赤のマークが付く。
中心から扇形になっている赤青の範囲があるので、自分と同じ色の所に速やかに入りましょう。
範囲が回り始めたらスタートで、外側への押し出しも始まる。
自分の色と違う範囲に入ったり外側の壁に当たると即死クラスのダメージ。
発動した時にあまり外側の方にいると危険な場合もあります、立ち位置にも注意。

ミニクルデリスが2体いるので、それを同時に破壊しなければならない。
片方を倒してからの猶予は5秒(残り1秒で倒しても成功にならない事も多いので実際はもっと短い)
5秒を過ぎると倒した方が復活してしまう。
制限時間内に2体を倒せないと全体即死(アサシンのフェイントは有効)
このギミック中ずっと外側への押し出し効果が続きます。
スキルを使う位置を気をつけないと、当たらなかったり別の色の範囲に入ってしまったりするので、
計算しつつスキルを撃ちましょう。

メモリアではゴリ押しでもいけたけど、8人ではかなりの硬さになっており、
もう片方の減り具合やPTの状況などもしっかり把握できていないと、8人いても詰む事があります。
まず自分の近い方のミニを削り残りを5分の1くらいにしておく。
次に2つめのミニの時に全力で倒し、
さっき減らした方は遠距離攻撃や他の範囲にいる人に任せるといった感じ。



3ゲージから攻撃が追加されます。

・氷炎連続攻撃
氷弾3つ~炎弾3つ~イグニッション&アイシフレクションのコンボ攻撃。
確実にタゲが取れる職がいると楽になります。
最後のイグニ&アイシフがかなりのダメージなのでキュア等を置いてもしもに備えましょう。
軌道にも鈍足、火傷になる氷炎が残るので注意。

完全にタゲが取れればここが攻撃チャンスともなります。



2ゲージからメモリアには無かった新ギミックが追加されます。

・精霊の瘴気(目)
「自分を包み込む精霊の瘴気にクルデリスが触れると爆発が起こるぞ!」というアナウンス後、
クルデリスが回転しプレイヤー2人に円形範囲が付きます。
発動時に全員が間隔を空けステージ端にいきましょう。
(この対処はボルケコアでの感染の試練に近い)

目が付いた人はなんともないのですが、他のプレイヤーが範囲に入ってしまうとダメージを受けます。
更にこの範囲の中にクルデリスが入ってしまうと全体即死が発動するので、
目が付いたプレイヤーは外側で待機し、
他のプレイヤーはそっちに行かせないように攻撃をしに行きタゲを取りましょう。
(発動時にタゲは外れランダムタゲになるそうです)

ラストゲージでは、目の効果中もツインバーンが発生するので、
端にずっといると危ない場合があります。
完全に端ではなく少し内側にいるといいかも。



氷結ギミック、ツインバーンがかなり厄介なステージ。
通常時はメモリアで慣れていればほとんど苦戦はしないでしょう。
氷結ギミックはメモリアでしっかり練習し確実にできるようにしておきましょう。

ラストゲージはツインバーンがクール制になり、
スキルを温存しつつの戦いとなるのでかなりきついです。
ラストゲージが本番とも言えるでしょう。
8人全員が生きていて火力が高いと楽になると思います。

レッドドラゴンネスト1R

1R:炎舞のバルバトス


DN+2015-06-05+00-52-27+Fri_convert_20150605014326.png

始まるとクルデリスがいますが、攻撃が通らないのでスルーし、
ワープから上のステージに行きましょう。
全員がワープすると1Rが始まります。

メモリアでは1Rはクルデリスでしたが、
レッドドラゴンネストでは逆になりバルバトスからスタートです。



バルバトスの攻撃は耐えられる程ではありますが、火傷がかなり痛い(1ドットダメージ20万)
連続ヒット+火傷で一瞬で溶けてしまうこともあるので注意しましょう。

注意する攻撃は、

・3連撃
叩きつけ2回~尻尾回転攻撃の3連、全てに火傷デバフ。
前方に使う攻撃で、炎の範囲が広く連続ヒットすると危険。
尻尾の回転攻撃は横や後ろにいても当たる。

・尻尾~サイドブレス
尻尾攻撃からサイドブレスをする、サイドブレスはくらうと火傷。
後ろから左にかけての攻撃で範囲は広い(尻尾に当たった場合火傷にはなりません)
右横、右下にいると安全。
サイドブレス自体は主に左側のみで真後ろでもくらいません。

・突進
少し上に飛び、炎の範囲が出て突進していきます、くらうと火傷。
範囲が広く真下も判定があるので見たらすぐ回避しましょう。
火傷になったらキュアなどで回復。

・炎ブレス
正面、斜め右、斜め左の3方向にブレスを吐きます、くらうと火傷+バフ消し。
真横や真後ろにいれば当たりません。
前方にいても、ブレスの間に当たらない安置があるのでしっかり地面を見て判断しましょう。

・翼竜召喚
バルバトスが無敵状態になり、翼竜を召喚します。
足元に円形範囲が表示され、その中にいるとバフを消される~翼竜が降ってきてダメージ。
円形範囲を避けつつ歩きましょう。


上に書いたように尻尾サイドブレスが厄介ですが、
右側が安置になっているので、基本右側で戦っていきます。
3連撃も尻尾も右側だとほとんど当たらないので安全に攻撃ができます。
回転攻撃はくらうのでしっかり回避しましょう。

プロボークはメモリアと違ってレジストされるので、タゲは安定しません。
タゲを持った人はうまく右側が空いている状態で戦うと他の人もやりやすいでしょう。


最も注意しなければならない攻撃に、ストンプがあります。

・ストンプ(無敵貫通)
今回は1Rから連帯死ギミックがあり、ストンプに5回当たってしまうと全体即死になります。
つまり最初のストンプで5人がくらった場合、そこで全体死なので終了です。
回数制なので1人が複数回当たってもカウントされることになります。

上昇時衝撃波がありますが、それはそんなにダメージをくらわないので大丈夫。
エリアルを持っていない職は打ち上げダウン状態になり、
ストンプ回避に影響がでるので衝撃波にも注意。
アナウンスで「バルバトスが落下してくる!力を吸収されないように回避しよう!」というのが出たら、
輪のようになっているエフェクトを見てタイミングよくジャンプ回避。
このエフェクトで回避できるようになれば、後の槍ストンプも対処できます。

このストンプがこのRで重要なギミックの1つです。



1ゲージ削ると、バルバトスがゆっくりとステージ中央へ飛んで行くのが見えると思います。
そこで英雄の剣を2本発動させ橋を作りましょう。

・橋
2つの円形マップを橋で行き来するギミック(発動時バフ消し)
マップを見て2本の剣がどこにあるか確認しておきます。
行き来するので剣の配置パターンは2種類のみ。
取り決めで多いのはPTを上下2分割し、上の剣担当と下の剣担当に分かれる。
※PT順はOキーを押して確認。

ゲージの変わり目に位置に付き、剣をクリックした後完成した橋に向かって走る。
足が遅い職はしっかり場所と方角を把握していないときついかもしれません。

一定時間内に橋にたどり着かないと爆発でそのエリアにいる人は死んでしまいます。
更に徐々に中心から円形範囲が伸びてきます、これに触ると大ダメージです。

橋を渡る時は武器をしまい、タイミングよくジャンプしていきましょう。
時間が表示され焦ってしまいますが、予測判定が出るのでしっかりとこれを見て攻撃を待ちましょう。
全て待っても時間ギリギリで渡りきれます。
翼竜が降ってくるのは2、4、7段目、そして最後8段目のブレス。
最後の段のブレスに当たりに行く人も多いので注意。
焦らないのが大事です。

あとかなり重いので、どの位置からジャンプして届くのか把握し確実に渡れるようにしましょう。
ジャンプ距離は移動速度が関係しているので、このRだけ移動速度を上げるのも手です。
ワックス、スピブ等は重複すると事故の元ともなるので、できるだけ使わない方がいいでしょう。
もし効果がかかってしまった場合はしっかりと効果秒数を把握した方がいいです。

橋ギミックはゲージ毎に来ます。
ラストゲージのみ半ゲージで1回来るので計4回。



3ゲージから攻撃が追加されます。

・槍ストンプ
タゲに3回真上から槍を落とします、地面に着弾すると拡散するので注意。その後ストンプ。
通常のストンプと違い上昇の衝撃波が無くなる、見た目も違うのでここで判断。

周りを見れば誰に槍が降っているかわかるので、しっかり見て最後のストンプをジャンプ回避。
3回目の槍直後にストンプが来るのでタイミングはちょっと早いです。
ストンプ自体は普通のと同じく、5回当たったら全体死を共有しています。

自分がタゲだった場合、動き続けてマークが通りすぎた所に出れば自分がタゲなので、
マークが出たらそのマークの隣にいて槍が落ちる~直後その槍の位置へローリング~拡散。
こうすると拡散にも当たらず、ほぼその場で対処できます。これを3回繰り返す。
3回目の槍の直後にストンプが来るので、しっかりエフェクトを見てジャンプ。
その後バルバトス正面に炎弾が複数飛んでくるので無敵スキルや移動スキル等で範囲外へ回避する。
(炎弾はくらうと火傷、連続ヒットすると危険)


・吸い込みメテオ
2,8ゲージ、1,8ゲージの固定攻撃。
3連撃の回転攻撃に拡散攻撃が追加、その直後に吸い込みメテオが発動(3連撃~メテオが1セット)
中央で吸い込みが起こり、メテオをランダムで射出。
あたると大ダメージ(火傷にはならない)

メテオはプレイヤーの位置に落ちてくる訳ではなく、
パターンが決まっているようなのでメテオが降ってこない場所もあります。
1~2発見てそこを見つけられればかなり楽になるでしょう。

発動したら1箇所に集まって、ワックス+ミラクルで対処するのも有効なようです。



メモリアと大きく変わっているのは、プロボが効かずタゲが安定しない事と、
ストンプ、橋の時が異常に重く、ラグとの戦いになる事です(バグも多いようです)

通常時は右側がほぼ安置なので、それほど苦労はしないでしょう。
ストンプ、橋ギミックの対処さえしっかりできればクリアできるステージです。