ドラゴンネスト・攻略ブログ  ブログランキングに参加しています1日1クリック(´∀`*)

ヘイズルーンドラゴンネスト3R

3R:ルヴナン ボルバ

DN_2017-03-28_00-08-32_Tue_convert_20170331124416.png
今回のルーンドラゴンではこの3Rが鬼門となっています。
2つのギミックに対処できればすぐ抜けられるでしょう。


注意する攻撃は、

・球体変化(ボルバ)
ボルバが球体に変化し前進、ミニ毒球をばらまく。
多段ヒットするとかなりのダメージなので注意。
この攻撃はボルバの向いている方に進むので真後ろが安置。
終了時クレセント状の衝撃波を撃つのでそこはしっかり回避しましょう。

・球体変化(プレイヤー)
メンバー2人に赤い円形範囲が付く、
その後球体に変化しミニ毒球をばらまくので付いた人は外周まで離れましょう。
その時リング状の範囲も出ているので立ち位置に注意。

・竜巻発生
地面が広く円形状に赤くなります。
そうしたら距離を取りましょう。
中心から外側へ向かって竜巻が移動してくるので間を縫って回避。
くらうとかなり痛い。

・2択回避、6択回避
3Rで最も注意しないといけないギミックの一つ。
ボルバが中央へワープし空中に浮き、中央へ強制的に吸い込まれる。
真ん中にラインが引かれ片方側の地面が赤く光ります。
これは爆発する側を教えてくれている、爆発は4回。

まず6時辺りに集まり、1回目で赤く光らなかった方の地面にすぐに移動。
その位置から残り3回光っていない方をを覚えておきましょう。
1回目の爆発はその場にいて回避できるので、爆発したら次の安置へ。
この爆発は2回くらうと死ぬようになっており、1回は耐えれるので3回回避できれば抜けられます。
また無敵スキルも有効でちょっと長めの無敵スキルがあれば実質2回覚えれば抜けられる。
(1回はくらって、1回は無敵スキルで回避)
アクロバットの場合は空中時無敵のスパイラルエッジやハリケーンダンス等で抜けられます。

75%から6択に変わります。
これがかなり厄介、頑張って覚えよう。
図形をイメージすると覚えやすいかも。
回避方法は同じなので落ちついて対処しましょう。
50%から反転が付きます。
しっかり逆キーで移動。


1ゲージを削るとゲージギミックを使ってきます。

・レーザーメテオ回避
3Rのゲージギミック。
「ボルバがエリア外側を毒の霧で満たす!」というアナウンスと共に端にワープ。
縦長の範囲を作る。
レッドドラゴンの紅炎球のようにその場に残るメテオを撃ってくるので全員で固まって回避する。

まず3R前にどっちに集まるかを確認(ボス前には毒の壁があり当たると痛いのでボス前開始が多いかな)
ギミックが発動したら範囲の端に全員が移動。
黒い範囲が出て、それが赤に変わったら前に移動する。
この時レーザーも撃ってくるので(右、左、中央の3種)それも回避する必要がある。
つまり全員左端にいる場合、黒い範囲が出てレーザーが左側だったら、
レーザーの判定の方が早いのですぐ右に移動。
その後範囲が赤くなったら少し前方へ。
先に出すぎると赤い範囲が広がり全滅もあるので落ちついて対処しましょう、慌てないことが大事。
レーザーが中央の場合は端にいれば当たらないのでそのまま前進で良い。
メテオは4回。

終わった後もう一回範囲を新しくして繰り返すので、2回ギミックを抜けないとならない。


75%~
・追尾毒球
ボルバが中央へワープし一人にタゲマークが付き、そのタゲに向かって毒球を撃ってきます。
外周へ移動し時計回りに歩きましょう。
赤いラインが出ているのでそれに当たらないように歩けば大丈夫。

・中央安置
地面全体が赤くなりステージ中央に安置が出現。
全員中央へ集まりましょう。
その後全員に赤い円形範囲が付くので外周まで行き自分の位置につく。
ステージに入る前に自分の位置を確認(PT順時計配置)

上から
12時
1-2時
3時
4-5時
6時
7-8時
9時
10-11時の順。
しっかり確認しておきましょう。


50%~
・全方位爆破
地面全体が赤くなる、多数の円が重なるような範囲でステージ全体に爆発ダメージ。
端に速やかに移動し、円と円の隙間があるのでそこに行く(地面が赤くないのですぐ分かる)


25%~
・杖暴走
おそらくノーマルではほぼ見かけない攻撃。
優先度が低いと思われる。
周囲が狭まってボスが消え杖だけが残る。
無数のライン攻撃を回避して生き残るギミック。

ステージに残っている杖も同時に攻撃をしてくるので、
スキルを叩き込んで壊すことができればかなり楽になる。
また杖は鈍足、時止め等なんでも効くので倒せないならうまく封じましょう。



色々な攻撃がありますが、
やはり問題なのは2択、6択回避とゲージギミックのレーザーメテオ回避の2つ。
この2つは慣れないうちは結構きついので何回も行って練習しましょう。
スポンサーサイト