ドラゴンネスト・攻略ブログ ブログランキングに登録しています!1日1クリック(´∀`*)

レッドドラゴンネストハードコア

まずノーマルレッドドラゴンとハードコア(HC)の違いは、

・HPが増えている
・攻撃力が高くなっている
・制限時間が60分(画面右上マップ下に表示)
・復活不可
・報酬がレジェンド逆鱗、レジェンドアクセサリー
・敵のスキルのいくつかの性能が変わっていたり、新しいスキルが追加されている

レジェンド装備は逆鱗から制作します。
一回のハードコアで落ちる逆鱗は15枚らしいので、それを集めて鍛冶屋に持って行く。
武器、サブ武器は7枚、
頭、胴、脚は5枚、
腕、靴は3枚必要です。
武器や防具は封印不可、アクセサリーの封印回数は1回になっています。


このハードコアは、レッドドラゴンネストをクリアできる人が行く上位モードになります。
HPが高くなって、攻撃も痛くなっているので注意。

60分という制限時間があるため、
死なないように、積極的に攻撃をしに行くというのが重要になってきます。

マップの所に出る制限時間表示が消え、HurryUP!になると残りが5分を切った事になります。


時間を短縮するために、ステージに入る前に全てのRの打ち合わせ、
報酬の取り決め等話しておきましょう。
入ったらクリアまで休憩時間はありません。



1R:炎舞のバルバトス

大きな変更点はありません。
ほぼノーマルレッドドラゴンと同じように戦えると思います。

目安として5分以内に倒せると良いかな。


2R:双攻のクルデリス

ここも大きくは変わらない。
同じように行けるでしょう。

目安は1、2R合わせて10分以内。
この後の3、4、5Rは時間がかかる事もあるので、
なるべく1、2Rと本体戦は早めに倒したい所。


3R:石炎のヌベル

基本は変わらないのですが、
炎目の時の赤い円形ラインに当たるとMPも一気に減ります。
MP回復系のスキルが無いと厳しいので気をつけましょう。

それ以外はほぼノーマルと同じ感じです。
早めに倒したい所。


4R:スーパージャスミンコア

このレッドドラゴンハードコアで最も大きく嫌な変更点は、
バーを使ったギミックの解除範囲が2Rの氷結ギミックと同じになるというものがあります。

4Rのドリルも解除範囲が狭くなっており、ここで死んでしまう人も多いでしょう。
ドリルはまだ1残って、うまく外周まで行ければ死なないのでいいのですが、
本体戦2pは怖いですね。

その他はノーマルレッドドラゴンと同じ感じです。


5R:不滅のタキトゥス

タキトゥスの戦い方はノーマルレッドドラゴンと変わりませんが、
追加ギミックが2ゲージ以降あります。

・烈炎刃
2ゲージを切ると追加される攻撃。
全員を拘束状態にし(AD連打で解除)、ステージ4隅のどこかに円形の安置を作る。
制限時間内に安置に入らないと即死。
時間が結構ギリギリになるので、ワックス等をしっかりひいてあげましょう。

この追加ギミックは、知ってさえいれば初見でも回避できます。
落ち着いて対処しましょう。


6R1p:ブラックドラゴンの幻影

引っ掻きにバフ消し追加。
他は変わりません。


6R2p:レッドドラゴンフェザー前哨戦

4Rに書いたように、拘束のバーギミックの解除範囲が狭くなっています。
失敗すると大ダメージなので要注意。


6R3p:レッドドラゴンフェザー本戦

3体精霊召喚の時に、全員拘束(AD解除)+バフ消しが追加されます。
なるべく発動時中央へいくと猶予があるかも。
誘導する側も遅れてしまいがちなので注意が必要です。

他はほとんど変わりません。



ハードコアは死なない事が前提となってきます。
1~2人死ぬと火力的にもきつくなり、
制限時間内に倒しきれなくなったりギミック解除が厳しくなったりします。

特にバーを使ったギミックは解除範囲が狭くなりシビアになっていますので、
ノーマルレッドドラゴンの2Rで練習し、ほぼ確実に解除できるようになりましょう。

その他に関してはノーマルとそれほど差異は無いので、
しっかり慣れていればクリアも見えてくるはずです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する