ドラゴンネスト・攻略ブログ  ブログランキングに参加しています1日1クリック(´∀`*)

60アポカリプスソロ

偽りの領域ネストソロ、3つ目はアポカリプスソロです!


現在のステータスは

HP267000
攻撃力20900

FD1106

そしてこの偽りの領域では、
元々のネストのレベルが適用されているため、
カテゴリーのFD早見表から、40レベルの上限値は900。

つまり私のステータスは100%になるので、
FD込み41800になります。

回復にひし餅、ネクタルを持っていきます。






いきますか(`・ω・´)







今回ルートは、以前のソロを参考にし
ランドーは避ける事にしました。





まずは白幽霊、撃破!







続いて黒幽霊、撃破!

この辺は大丈夫ですね(´∀`*)




次はシャドウX5
戦い方によっては難敵です。




シャドウは最初に出現する真ん中のが本体です。
それ以外は偽物ですので、
まず開幕本体に向かって高火力スキルで減らして目印に。

その後クール等待ちつつ、本体を倒しましょう~





次は個人的にはすっごい戦いにくい敵、リン





リンの攻撃は痛いし、逃げるしでソロではかなり大変です(;´∀`)
被弾をなるべく抑え、動きながら攻撃しましょう。




さてPTでは効率の為にここから戻ってランドーに行くのですが、
40キャップの頃もソロや火力が足りない時は、
こちらの追っかけオーガルートに行っていました!

このまま扉あけて進むだけ。


このステージでは壁を、追っかけてくるオーガを誘導して壊してもらい先に進みます。
誘導が時間かかりますし面倒なのでPTではいかなくなったんですよね・・・

壁を3つ壊して進むと広い場所に出て、
大蜘蛛と雑魚敵、オーガとの戦いになります。





まずは大蜘蛛を倒し、雑魚敵を倒してから
オーガと一騎打ちしましょう~

大蜘蛛はちょっと手強いですね(;´∀`)


ちなみに全部のステージをクリアしても豪華箱は出ないみたいです・・・
(40アポカリプスでは全周で豪華箱)





実はここまでが前半戦。
問題はこの先の雷オーガとアポカリですからね!

色々なネストがありましたが、一番苦労したネストソロは
アポカリプスヘルでした。
その原因とも言えるのがこの2体。




雷オーガ戦

実は攻撃は見切りやすいです。
全体雷は密着して回避、釘は少し離れるか打たれる位置を誘導。






ふっ飛ばし~全体雷・・・・・直撃!

やばい回復してないし死ぬ(((( ;゚д゚))))アワワワワ






死んでないだと(;゚д゚)ゴクリ…
随分簡単になっていますな・・・・

40キャップではほぼ即死だったよ(ヽ´ω`)



すぐさま餅で回復し






よしっ、抱きつきが来る前に倒せた!


抱きつき攻撃とは、
ラストゲージから使ってくる抱きついて拘束し、
即死級ダメージを与える攻撃。

くらう時に自キャラが倒れてしまう為、回避が難しい。
PTでは他のメンバーに雷オーガを攻撃してもらい解除する。

ソロでは・・・・


シフトキーを押しっぱなしにした状態で移動キーを押すとローリングがでます。
これと同じようにアクティブローリングも出せるので、
シフト押しっぱなしで歩いて逃げ、抱きつきヒット時にアクティブで回避する。

少し慣れが必要でしょうね(;´∀`)






雷オーガを抜けられたのなら、後はいけるな(`・ω・´)

アポカリプスも強敵ですけどね・・・


アポカリプス戦

とにかくスキルを回し、短期決戦でいきます!
アポカリプスには終末攻撃というのがあって、
ある一定時間を過ぎると回避不可の全体攻撃が来るので、
時間はかけられないんですね。

特にラスト2ゲージからの触手が強いので、
そこまでは時間を短縮したい・・・


注意する攻撃は、
回転レーザー:レーザーの回る方向に歩いて回避しましょう(無敵スキルで通りぬけも可)
イベポレーション:足元がピンクに光ったら、移動して回避。

そしてラスト2ゲージからの
触手:捕まると一定時間拘束されます。
敵の攻撃をくらうと解除されますが、痛い一撃だと大ダメージに。


しかし、ダメージ結構くらわないね(;´∀`)
まさか触手でもそれほどくらわないとは・・・
40キャップでは捕まる=死を覚悟するくらいだったのに。

ぬるくなったねぇ(ヽ´ω`)







アポカリプスクリア~!
結構被弾していましたけど、大丈夫だった(;´∀`)






これで前半戦終了。
次から後半戦ですね!






鬼門かと思ったアポカリプスもクリア。
アクビは大丈夫でしょう(´∀`*)

問題はギガンテスか・・・

















ここは光の届かない闇が支配する空間

その中央には円卓があり、周りには2つの影が存在していた・・・・







アークビショップ「あら次は私の番?じゃあ絶望をプレゼントしてあげるわぁ」

ギガンテス「少しはやるようだな、私の元まで辿りつけたのなら相手になってやろう!」







つづく

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する