ドラゴンネスト・攻略ブログ  ブログランキングに参加しています1日1クリック(´∀`*)

ブラックドラゴンネスト6R:1p、2p

6R:旧セントヘイブン中央

遂にブラックドラゴン フェザーとの対決です!
ブラックドラゴン戦は4つのphase(フェーズ)で構成されています。



1p


DN+2014-05-02+18-44-16+Fri_convert_20140502194442.png

ステージは円形状になっており、奥にブラックドラゴンがいます。
1pでは誘導側と攻撃側の2手に別れて戦います。


誘導側は、
パラ、エレ(凍結)、マジェ等のタゲを取ったり雑魚敵の足を止める要員です。
ブラックドラゴンの対面辺りでタゲを取ると良いと思います。

計4回雑魚敵が出現し、それをブラックドラゴンが出す直線ブレスに当てて倒すという流れ。
この雑魚敵の出現条件はブラックドラゴンのHPに連動。
誘導側はホールド、凍結、時止め等を駆使して敵をブレスの範囲に抑えつけましょう。

雑魚敵は3回目の氷と4回目のパルーサに注意。
氷は凍結させたり、MP吸収をしてくるのでこの後の戦いに響く事になります(LFがいれば問題無し)
パルーサは無敵貫通攻撃や、火傷状態になる回転攻撃など厄介な技を使ってきます。

直線ブレスは前方一直線に赤い範囲が出現し、
その範囲表示後から約5秒後くらいにブレスを出します。
自分たちもこの範囲上に残っていると即死するので気をつけましょう。


攻撃側は、
誘導側以外の火力職。
ブラックドラゴンの腕辺りで攻撃していきます。

どちらの腕にするかは5R終了時に話しておきましょう。
主に近い方でなんとかなっていますけれど。

削りが速い場合、ブラックドラゴンのHPに連動して雑魚敵を召喚するため、
前の雑魚が残った状態で次の敵が出現すると、前の方が発狂状態になって誘導側が危険になります。

削りはそこそこに誘導側が敵を倒してから、一気に削りましょう。
誘導側が雑魚敵を倒したら合流してくれますからね。


注意する攻撃は、

・ひっかき
攻撃側に発生、範囲も広く威力もそこそこ。
回復がいるならほとんど脅威にはならないのですが、
ある程度タイミングを覚え回避しましょう(今後も使ってくるので)

・吸い込みメテオ
ブラックドラゴンの前に吸い込みが発生し、プレイヤーの位置にメテオが降ってきます。
当たると回復不可+攻撃力防御力低下デバフが付く。
1pのメテオは吸い込まれているとメテオが自分に降らなくなるので、
攻撃側は吸い込みのみ。

誘導側はメテオを回避することになるので、
範囲が足元に出たら回避しましょう。

ブラックドラゴンのタゲが誘導側にあると、メテオばかり使ってしまうので、
攻撃側は持続的に攻撃しタゲを取るとメテオの回数も減り、誘導側がやりやすくなります。


4種の雑魚敵を倒し、16,5ゲージ辺りまで減らすと1pは終了です。




2p


DN+2014-05-02+18-50-01+Fri_convert_20140502194458.png

ここからがいよいよブラックドラゴンの本戦です!
2pの攻撃は主に4pでも使ってくる基本の攻撃になります。

立ち位置は、パラが右手側(プレイヤーから向かって左)
その他が左手側(プレイヤーから向かって右)が多いでしょう。

その他にも、パラ、補助職が右手側、火力職が左手側というのもあり、
5R終了時に確認しておきましょう~


注意する攻撃は、

・サイドブレス
腕から真横に赤い範囲が出現し、くらうと大ダメージです。
注意する点は範囲の広さと、発動の速さです。

尻尾辺りまで行っていると回避が難しいかもしれません。
立ち位置を常に意識しておきましょう。

・吸い込みメテオ
ブラックドラゴンの目の前に竜巻が出現し、
吸い込みながらプレイヤーの位置にメテオを降らせてきます。
1pとの違いは吸い込まれてても降ってくるので、
他のプレイヤーと重ならないように回避する必要があります。

くらうと攻撃力、防御力低下と回復不可デバフがつきます。

主に火力側は後ろ足の方まで行き、吸い込み範囲外での回避。
プリさん等は壁際の方で、吸い込まれながら回避が良いようです。
足の速い火力側の人は腕の前からではなく、腕の真横から攻撃するとサイドブレスもメテオも対処できるので、
少し楽かもしれません。

アクロバットはタイミングが良ければ、
チェーンローリング~スパイラルキック~サークルシュート~トップスピニング~ローリングで
全部抜けられます。

・突進、ストンプ
ブラックドラゴンが飛ぶと、突進かストンプです。
空中に一度停滞するので、
しっかりとブラックドラゴンを見て、
後ろに引くと突進。
上昇するとストンプになります。

突進は直線上なので、向きを見て回避しましょう。
2回連続の時もあります(予備動作は同じ)

ストンプはタイミングよくジャンプで回避。
これはしっかりとタイミングを覚えましょう!
体感ですがイエロードラゴンのストンプよりタイミングは計りやすいと思います。


そしてこの後の3つが厄介な攻撃です。

悪夢、空間、混沌は混沌のみ中央への吸い込みで判別できますが、
悪夢と空間は見分けにくいです。

表示されるアナウンスで判別しましょう。


・悪夢(AD、呪い)
「死と敗北の悪夢が渦巻く!」と出たら悪夢です。
3Rの呪いと同じく、外側へ強制的に走らされるので、
中央へ集まりましょう(バフも消されます)

解除方法等は3Rと一緒。
外側の障壁に当たるとダメージを受けます。

中央へ集まった時に武器をしまうと、
武器を出す~走り出すという流れになり若干解除時間が長くなります。
あと、移動速度に左右されるので、どうしても苦手な時は遅くするのも対策の一つです。

・空間
「空間が歪み始める!」と出たら空間です。
中央への吸い込みか、外側への吹き飛ばしの2択なので、
土煙の方向を見て判断しましょう。
吸い込まれる先に障壁があり、当たるとダメージを受けます。

武器を出していると速度的に回避が難しい場合があります。
その場合は武器をしまうと安定します。

アクロバットは武器出しで、障壁に当たる直前にチェーンローリングで回避できます。

・混沌
「混沌の時間がやってくる!」と出たら混沌です。
全員が強制的に中央へ集められ、ダウン、バフ消し、反転状態になります(キー操作が逆になる)
混沌の発動の時にジャンプをしてエリアルを使うか、
ダウン状態から起き上がり攻撃か移動起き上がりを使って起き上がります。
クリックも反対なので慌てないように。

中央から障壁が徐々に広がっていき、当たるとダメージ+吹き飛ばされますので、
素早く目的の位置まで行かないといけません。

円形のステージなので時計に見立てて、
混沌の時は12時に集まるか、尻尾に集まるか決めておきましょう。

12時に集まる場合は、マップを見て12時の位置に行き、武器をしまって待機。
尻尾に集まる場合は、飛び立つブラックドラゴンを見て尻尾のあった位置に集まり武器をしまって待機。
その後黒い範囲が出たら範囲外まで走る。
時計周りか反時計周りかは事前に要確認。
反転デバフは黒い範囲がでる頃にはもう消えています。

これを繰り返すのですが、他の人と合わせるようにしましょう。
前に出過ぎるとそれだけ黒い範囲が広くなってしまい、後ろの人が死んでしまう場合があります。
武器をしまうのは、そうしないと他の人と歩幅が合わず、
黒い範囲のダメージをくらう事があるからです。

黒い範囲はプレイヤーの位置に出現しずっと残り続けるので、
バラバラな位置になってしまうと進行方向に黒い範囲があって全滅する場合があります。
全員が同じ場所にしっかりと集まるようにしましょう(対角の位置ならお互い回避可能)

最後に黒い範囲ではなく光の円形範囲になります。
それを走って回避し、その後ストンプが来るのでタイミングよくジャンプ回避すれば混沌は終了です。

12時の位置は分かりやすく事故は少ない。
尻尾の位置は誰かがマクロ等を押し、誘導すれば分かりやすいですね。
混沌終了時の位置が腕のところになるので、
慣れるとこちらの方が良いでしょう~


11、25ゲージまで減らすと2pは終了になります。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する